自民党杉田水脈衆議院議員の寄稿が波紋を呼んだ刊誌『新潮45』。18日に発売された10月号の特別企画「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」が、さらなる物議を醸している。


 発端は、『新潮458月号に掲載された杉田議員の「LGBTカップルのために税を使うことに賛同が得られるものでしょうか。彼ら彼女らは子供を作らない、つまり『生産性』がないのです」といった寄稿。これに対し、自民党本部前には杉田議員に抗議するデモ隊が集まった。


 さらに、「杉田衆議院議員は本当にLGBTの問題に対する理解不足であり、人権という問題について全く理解をしていない」(立憲民主党枝野幸男代表)、「謝罪撤回をいまだにしない。このことをもって辞任に値する」(共産党小池晃書記局長)、「ああいう発言が党内から出てしまうことが悲しいですよね」(自民党小泉進次郎筆頭副幹事長)と与野党から批判があがったが、杉田議員本人は口を閉ざしたままだ。


 『新潮45』の10月号には、この問題に対して「論文の『生産性』という言葉は誤読」「杉田議員への『メディアリンチ』だ」といった7人のが掲載されている。こうした『新潮45』の姿勢に対してTwitter上で次々に批判投稿されると、新潮社内部からも批判の動きが起こり、「新潮社出版部文芸」の公式Twitterが『新潮45』への批判ツイートを相次いで拡散した。そして、新潮社の創始者・佐藤亮氏の「良心に背く出版は、殺されてもせぬ事(佐藤)」という言葉を紹介した。

 そうした中、ある新潮社の社員は「『新潮45』は新潮45の考え、編集方針があってやった。一方で、それは違うという社員がいることは確かで、私も全てが正しいとは思っていない。そういうものではないか」とコメント新潮社の宣伝部は、「弊社では、言論の自由を最大限に尊重するという立場から、各部署、社員の個人の意見表明に関して、言論統制のようなことは従来より一切行っておりません」としている。


 『新潮45』を巡る一連の議論LGBTの当事者はどのように受け止めているのか。『けやきヒルズ』(AbemaTV)では、ゲイ表して活動している一般社団法人fair代表理事の松岡宗嗣さんに話を聞いた。松岡さんは『新潮4510月号の7人のについて「全体として議論できる点はあると思う」としつつ、次のように異議を唱える。


 「今までの人生の中で『気持ち悪い』といったことはよく言われるが、なぜ気持ち悪いのかと聞くとほとんどの人は『よくわからない』『なんとなく』と答える。その中でも特に厳しい人は、気持ち悪いという感情に様々な言い訳や言論を付けてぶつけてくる。当事者はいつも足を踏まれているような、常に攻撃にさらされている状態のように思う」

 こうした本の出版には「言論の自由があってもいいのでは」という見方もある。しかし、ハフポスト日本版編集長の竹下一郎氏は「自分のというよりは、特定の人を攻撃するために書いた文章(ヘイトスピーチ)と思われても仕方がない」と摘。「言論の自由するためには、きちんと調べる、相手を不当に傷つけない、わかりやすく伝えるというルールに基づく必要がある。新潮社はそれを全てすっぽかしていて、プロ仕事に見えない。著者にLGBTの知識が欠如していれば、出版社が言論を整理したり著者と意見を交換したりして高めていくのがプロ。見た限りそのやりとりが感じられず、受け取った原稿を載せたようにしか思えない」と苦言を呈した。

 一方、こうした言論が世に出ることで松岡さんには危惧することがあるといい、「ヘイトに関しては命に関わること。自分を自分で否定しなければならないとか、杉田水脈さんを発端にした厳しい言論とそれに対して反発する応酬の中で、LGBTをなんとなく理解できないという人たちが『LGBTを攻撃してもいいんじゃないか』と思ってしまうのではないか、当事者が傷つけられるのではないかとすごく危惧している。大事なのは、LGBTの人はでも隣にいるということ。その人たちが友達だったら傷つけるような発言はしないはずだし、さも傷つけてもいいかのように言論するのはLGBT以前の問題だと思う」と訴えた。

AbemaTV/『けやきヒルズ』より)


『新潮45』寄稿者とLGBT当事者が出演した『AbemaPrime』を見逃し配信中



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

LGとBとTって明らかに一緒にするべきじゃない案件を同一の言葉の中に納めちゃってるから話がややこしくなってるよな、性的趣向と障害を同一に語るのって無茶じゃん?


*みたいな性癖を持ってたら嫌悪されるのは当たり前やろ。しかも同性愛の場合、自衛の為に警戒対象にもなるし。


別にLGBTなんてどうでもいいし、他人に迷惑を掛けない限り勝手にやってくれなんだが、俺達の血税が使われるとしたらまったく別問題だからな。税金は絶対に使うな、いいな。


これがヘイトかどうかは新潮の記事のどこにLGBTを攻撃する文があるのか具体的に示すところがスタートラインだ。今の所、新潮を叩く記事からはそれが全く読み取れない。これじゃ議論にならないよね。


タイトルだけ見てファビョってるバカが大量に釣れたって話にしか見えない。


むしろ逆だろ LGBTに対して迂闊なことを言ったら杉田みたいに叩かれるって風潮を作れば差別の解消へ一歩前進する 差別主義者の卑劣なトーンポリシングを鵜呑みにする必要はない


予算の優先順位で「生産性を考慮」するべきだ、と言う意見に差別だ人権侵害だという意見をぶつけてきておいて、再反論が出てくると今度は差別だ何だとわめき立てる人達。皆さんはお好きでしょうか?僕は嫌いですね。


「LGBTが対象」ではなく「LGBTを過剰に持ち上げてるヤツが対象」


多くの人間が無意識に差別に加担してる現状で、非当事者にLGBTを「面倒な奴らだなぁ」とまず思わせない事には話は始まらない 自分の価値観が社会正義とずれていると自覚させるためにはそういうプロセスも必要なんだよ


議論にも生産性が見られないんですがそれは・・・


今まで見下して距離を置いて笑い者にしてきたゲイ野郎が急に「俺とお前は同じ人間だ!人並みの権利と配慮をよこせ!」と言ってきたら癪に触る人間もいるだろう 弱者が声を上げる時社会はいつも拒絶する だか同時にそれは世間の価値観が変わろうとしている兆候でもあるんだよ


杉田の騒動は自民党議員がこの発言をしたから批判したろって感じなんだよな。今までLGBTなんて興味がなかったであろう連中までこぞって差別だ許さないって言っているのが何か嫌だわ。


人間は理解できないものを不必要なまでに恐れる。そして「嫌い」「どうでもいい」「気持ち悪い」等簡単な言葉で線を引く。人間は簡単には変わらん


ロリコンも認めるなら擁護してもいいよ。


LGBTが特権を求めているとしか思えないから、警鐘の意味での発言だったと思うぞ


俺はLGBTとか正直どうでもいいレベルだったけどLGBTって単語とそいつら嫌悪感を覚えたのは水田叩きの一件からだよ むしろ新潮には感謝してるね


別にLGBTとかどうでもいいから勝手にどうぞって感じだけどさ、俺はゲイだのレズだの言われても「あ、ふーん」で済ませるからというよりそれ以外にどういう反応をしたらいいかわからないし。lから安倍叩きに持って行ってる輩には嫌悪感しか湧かないが。普通に女が好きな男でも「俺は女が好きだ!」とか「*が好きだ!」とか女の人の前で言わないだろ


最近はLGBTって言葉がフェチと病気を同一に語るバカ発見器になってるなwww


「キジも鳴かずば撃たれまい」


本当にかわいそうなのは表で叫んでる似非と頭の足りない連中ではなく政権叩きなんてするつもりもなく静かに暮らしてる真のLGBT達  


そもそもなんで「T」が仲間に入ってるのかってところだけど、単純に1コメの奴みたいに決めつけて障害扱いしている奴がいるからだよね。そもそもTがみんな性同一性障害とも限らないし、それこそ偏った知識だと思うよ。


騒げば騒ぐほど、無関心だった一般人の悪感情をジワジワ上げるという意味では捕鯨反対運動に似てるよ。正直、LGだって自分や家族がターゲットにされない限り、生温かく見る程度で全く敵意は持たないけど。集団で示威行動してる連中見てると、逆に悪い意味で敵意を抱いてしまうな。世界で通用してる運動方法は日本国内では逆効果という事だろう


LGBTに心無い言葉を浴びせるような差別主義者の方が5000兆倍気持ち悪いですね(笑。


LGBT「だがロリコンショタコンてめぇは駄目だ」


デモ行進の中にアベやめろ等ただの政権批判が入り込んでるような連中は胡散臭すぎて嫌いだよ。まずはそういう連中排除してから訴えるんだな


レインボーパレードは自民党議員も支持しているので党派性でしか物事を見れない奴はどうなんでしょうね(笑。


そら自民所属でも支持はあるやろ。1枚岩でもないし表立って反対でもしようものならすぐマスコミに袋叩きに遭うからな。で、レインボーなんとかデモ行進の中に堂々と政権批判プラ掲げたりしていることはOKってわけ? 愛貴婦人君。君どこでも逆張りしてるけど。


ん? つうか俺は党については言ってねえじゃん。政権批判って言っただけで。愛貴婦人君他人の批判したくて言葉はやっちゃったんじゃねえの?w


あ、はい(笑。


おい終わりかいw