つばめや

まとめブログです。
ニュース、芸能、アニメ、面白い記事、気になる話題などお届けします。

    2019年12月



    (出典 tk.ismcdn.jp)


    大企業は、人手が足りているのでしょうか。

    1 ばーど ★ :2019/12/30(月) 10:10:02.45

     定年まで働くのが「当たり前」ではなくなるかもしれない。2019年はそう感じさせる発表が相次いだ。5月にはトヨタ自動車の豊田章男社長が「終身雇用を守っていくのは難しい局面に入ってきた」と発言し、話題に。経団連も「次の春闘では、新卒一括採用、終身雇用、年功序列がセットになっている日本型雇用の見直しについて議論すべき」といった姿勢を見せている。

    主な上場企業の希望・早期退職者募集状況(=東京商工リサーチ調べ)

     そんな中、名の知れた大企業が続々と早期退職者や希望退職者を募集しはじめている。中でも一定年齢以上の従業員を対象とする募集が目立ったが、各企業は何歳をボーダーラインとしたのか。
    .
    ■40歳以上で募集

    ・ジャパンディスプレイ: 業績低迷が続く中、6月にモバイル事業の縮小や一部工場の閉鎖などと合わせて、国内で1200人の希望退職者を募集すると発表。20年3月末時点で40歳以上(※)の社員を対象に、7~8月に応募者を募っていた。

    (※)一時稼働停止となる白山工場組織や、閉鎖となる茂原工場後工程ライン(V2ライン)、西日本オフィスの勤務者については年齢制限を設けないとした

    ・ファミリーマート: 11月に「現在の店舗数に合わせた人員体制の適正化を図る」として、希望退職の募集を発表。40歳以上の社員(出向者含む)を対象に、全社員の約1割となる約800人の退職を20年2月までに募るとしている。

    ・オンワードホールディングス: 12月に350人ほどの希望退職者を募集すると発表した。対象となるのは、オンワードグループに在籍する40歳以上で勤続3年以上の一般社員(販売職を除く)で、募集期間は20年1月7日~1月30日。
    .
    ■45歳以上で募集

    ・富士通: 18年10月に「成長に向けたリソースシフト」に向け、グループで大規模な配置転換を行う方針を発表。19年2月にその一環として、希望退職者を募集していたことを明らかにした。対象は富士通と国内のグループ会社で間接・支援部門に所属する45歳以上の正社員と、定年後再雇用した従業員。19年1月末までに2850人の応募があったという。

    ・カシオ計算機: 19年1月に人員整理による既存事業の収益性強化などに向け、早期退職者優遇制度を実施すると発表した。国内営業部門・スタッフ部門に在籍する勤続10年以上の社員のうち、45歳以上の一般社員と50歳以上の管理職を対象に、希望退職者を募集。3月22日の同社の発表によれば、156人の応募があったという。

    ・エーザイ: 18年10月に、同年4月1日時点で45歳以上かつ勤続5年以上の社員を対象に、100人ほどの早期退職者を募集すると発表。想定を上回る応募があったため、募集期間を予定よりも数日短縮した。応募人数は300人、割増退職金の総額は約66億円という。20年、21年にも同様の募集を行う予定だが、人数については初回の応募状況を勘案して決定するとしている。

    ・ノーリツ: 給湯器などで知られるノーリツは、19年11月に国内事業の構造改革の一環として、45歳以上(20年3月20日時点)の正社員と、契約社員を対象に希望退職者を募集すると発表。募集人数は約600人で、退職予定日は20年3月20日。20年1月17日~30日まで募集を行うとしている。

    50歳以上で募集

    ・味の素: 19年11月に希望退職者を募集すると発表。「人材の適正配置など組織再編を実施する過程で、自身の専門性や強みを当社グループ外で発揮することを希望する管理職の自律的キャリアを支援するため」と説明しており、対象は満50歳以上(20年6月末時点)の管理職。20年1月6日~3月13日まで、100人程度の募集を行う。
    .
    ■対象になるのは「年齢」とも限らない?

     大規模な退職者募集を行った企業の中には、対象者の年齢を明言していない企業もある。

    ・東芝: 18年11月に、収益力強化に向けた構造改革計画の一環として、約1060人の早期退職者を募集すると発表。19年3月末までの退職を前提に、東芝から約200人、連結子会社である東芝エネルギーシステムズ(ESS)から約800人、東芝デジタルソリューションズ(TDSL)から約60人を募集した。年齢などの条件は、対象部門ごとに策定したという。

    ・セブン&アイ・ホールディングス:

    ・日立金属:

    以下全文はソース先で

    12/29(日) 12:00
    ITmedia ビジネスオンライン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191229-00000005-zdn_mkt-bus_all&p=1

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    ★1が立った時間 2019/12/30(月) 07:38:22.27
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1577659102/


    【【年功序列】大企業の、希望退職・早期退職者募集は止まらず!!!!!】の続きを読む



    (出典 yumeijinhensachi.com)


    懐かしい人ですね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/30(月) 07:09:59.78 ID:GZ3+a10m9.net


    (出典 image.news.livedoor.com)


    「私たちの時代は、『闇営業』なんて言葉はなくて、“内職”、私たちは『職内』って言ってたけど、まわりはみんなやってましたよ。結婚式を盛り上げたり、ゴルフ大会の表彰式を盛り上げたりね。

    でも私自身は、事務所を通さない仕事は一度もやったことないの。忙しかったのもあるけど、いつもマネージャーがバッチリついてたし、私が外のことを何も知らなかったのよね。一度くらい、“闇営業” したかったわ(笑)」

    2019年6月に発覚し、世間を騒がせた宮迫博之(49)ら吉本芸人13人らによる、反社会的勢力への闇営業問題。この話題を、山田邦子(59)は、そんなふうに語り始めた。

    「いまは『営業』『イベント』って言い方だけど、昔は『興行』といってね。お笑いに限らず、地方公演に必ずちょっと黒い方々が絡むっていうのは、いまでもあるのよ。『じゃあ、それも闇なの?』って思っちゃう」(山田、以下同)

    闇営業問題で判明した吉本興業の口頭契約も、「今の時代には通用しない」とバッサリ。一方で、ちょっとでも事件を起こせば、ネットで総叩きに遭う時代の風潮にも、疑問を呈する。

    「ネットはよくないね。だいたい、芸能人なんてね、バカしかいないんだから。学校出てなくてもなれるし、まともに働きたくないというか、『働かせてもらえなかった』と言ったほうがいいくらい、ダメな人の集まりなのよ。

    でも、宮迫、好きだったな~。一緒に仕事したこともあるし、バーで何回か会ったりもしたけど、すごく明るくて普通にいいヤツで」

    2019年10月、東京国税局からの指摘で、2018年までに1億2000万円の所得隠しと申告漏れが発覚。芸能活動自粛中のチュートリアル・徳井義実(44)についても、独自の見解を語る。

    「みんなは(徳井が)確信犯的に脱税していたっていうけど、私、彼は『本物のバカ』だったんだと思うよ。会見で言った『想像を絶するだらしなさ』ってのも本当なんじゃない? 小学生が急に、大金持っちゃったようなもんで。

    専属の税理士がいたと聞いたけど、専属じゃなくて、『たんに税理士を使ったことがある』っていうだけの話だったんじゃない?」

    しかし徳井は、かつてラジオで「税金のないドバイの利点」について語っていた。そのことも “確信犯説” を強める一因となっているが――。

    「本物のバカだから、誰かから聞いたことを鵜呑みにしただけじゃない? あんまり攻撃しないで、1回教えて勉強させればいいのにねぇ。

    私は、税金って難しいから、経理の先生を抱えて、『交際費、交通費はこう』ってやってもらう」

    徳井の脱税に続いて起こったのが、京都市のPRをめぐる、吉本所属のコンビ「ミキ」のステマツイート騒動。ミキは、京都市のイベントを告知することで、
    100万円の報酬を受け取っていたが、PR表記を明示していなかったことから、「ステマでは?」と問題視された。

    「あれは、マネージャーが取ってきた仕事でしょ? 100万円というギャラが高いといっても、それはマネージャーのお手柄だからね。この件があったことで、今後、ギャラの値段がいちいち公表されたら、みんなやりづらくなるんじゃないかしら。

    私たちの世界って、『これ、人間がもらえるお金?』ってシラけるくらいの金額をもらえるときがあるから。だから、みんな狂っちゃうし、悪いことをするスタッフも出てくるんだけど」

    この騒動に、山田が下したジャッジはこうだ。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17598988/
    2019年12月30日 6時0分 Smart FLASH


    【【バッサリ】山田邦子が2019年お笑い界をぶった切る!!!!!!!!】の続きを読む



    (出典 bitwave.showcase-tv.com)


    今後はすべて自己責任ですね。

    1 ばーど ★ :2019/12/30(月) 07:15:05.14

    顧客対応などを改めなければ12月31日付でフランチャイズ契約を解除すると通告された大阪府東大阪市のセブン-イレブンオーナー松本実敏さん(58)が29日、大阪市内でセブン本部と話し合いを行った。

    双方の弁護士を交えての協議で、営業継続を希望する松本さんは「顧客からのクレームが出ない接客態度を取ること」、自らの「ツイッターアカウントの削除」などの回答書を提出したが、話し合いは平行線に終わった。セブン本部は、改めて予定通り31日付でフランチャイズ契約を解除すると通告した。松本さんが明かした。

    人手不足を理由に、今年2月から本部の許可を得ず、自主的に時短営業をしていた松本さんは協議後、取材に応じ「こうやってつぶされていく人が多いのがよく分かった。本部に対して何か意見を言えば、つぶされる前例にはしたくない」と徹底抗戦することを明かした。年明けに地位確認などを求める訴訟を起こす予定。

    契約解除により、30日夜に商品の仕入れ、レジが止まる。松本さんは31日、1月1日は臨時休業として、2日から独自に営業するという。「(裁判の)結果が出るまで、石にかじりついてでもやっていく」と話した。松本さんは時短営業を始めコンビニの24時間営業問題の議論のきっかけをつくった。

    12/29(日) 17:56配信
    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191229-12290496-nksports-soci

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    ★1が立った時間 2019/12/30(月) 00:54:28.41
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1577634868/


    【【再出発】セブンイレブン契約解除通告のオーナー、2日から独自に営業!!!!!!!!!!!!!!】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    考え方は、人それぞれですね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/30(月) 08:25:33.54 ID:GZ3+a10m9.net

    タレントのゆきぽよ(23歳)が、12月29日に放送されたバラエティ番組「ミヤネのナンバーワン2019」(関西テレビ)に出演。“結婚式否定派”の弁護士でタレントの橋下徹に対し、キレ気味に反論した。

    番組が、映画「アナと雪の女王」の主題歌「レット・イット・ゴー ~ありのままで~」の歌詞にあるように、“ありのまま”で結婚式を挙げる“アナ婚”が流行っていると紹介すると、ゆきぽよは興味津々で、
    「アナ婚いいですね、私はとにかく盛大に結婚式をやりたい。いろんなものを巻き込みたい」とコメント。


    すると、結婚式が嫌いだったため、自身は式を挙げなかったという橋下が「20ちょっとの年代で、盛大にやりたいかな?」と否定的に話すと、ゆきぽよは「男性だけですって、やりたがらないのは。女性は夢です」と反論。

    さらに橋下が「でも今、離婚率は33%超えるからね。今後うまく行くかわからない」と皮肉っぽく語ると、ゆきぽよは「うまく行くから結婚すんの!」とキレ気味に橋本の意見を封じ、スタジオから拍手が上がった。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17597889/
    2019年12月29日 19時9分 ナリナリドットコム


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【拍手】ゆきぽよ、結婚式否定派橋下徹にキレるwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む



    (出典 www.onenationworkingtogether.org)


    でもジェネリック増えていますね。

    1 スタス ★ :2019/12/30(月) 01:07:08.07

    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17592580/

    ジェネリック医薬品は「患者ファースト」ではないと週刊新潮が報じた
    医師の多くは、本心ではジェネリックを信用していないと内科医の志賀貢氏
    製剤方法や添加物が異なることもあり、効果に大きな差があるとのこと
    医者や医療従事者が「ジェネリック薬」を飲まないこれだけの理由
    デイリー新潮
    [画像] 医者や医療従事者が「ジェネリック薬」を飲まないこれだけの理由
    医者が飲まない「ジェネリック薬」(1/2)
     まったく一緒であるなら安いほうがいい。厚労省が、来年には薬全体の80%を占めるまでに増やす、としているジェネリック医薬品も、オリジナルと同じなら財布にやさしくて嬉しいかぎりである。しかし、医者は飲まない、その根拠もある、と聞かされると――。

     ***

     懐にやさしいのは、だれにとっても嬉しいことだが、さりとて安かろう、悪かろうでは困る。その点でジェネリック医薬品(後発医薬品)は理想的な存在のように見えないか。「新薬(先発医薬品)と有効成分が同じで、同じ効き目をもつ」と宣伝されているのが本当なら、価格が新薬の7割から、安いものは2割ほどというジェネリックは、ありがたいというほかない。


    医者や医療従事者が「ジェネリック薬」を飲まないこれだけの理由とは(※写真はイメージ)
     日本の医薬品に占めるジェネリックの割合は、昨年9月の調査で72・6%。来年9月までに、これを80%にすべく、現在、厚生労働省が音頭をとっている。

     さるジェネリックの製薬会社のCMで流れる、「なによりも患者さんのために」というフレーズ通りに、患者ファーストの施策ということだろうか。だが、総合内科専門医である秋津医院の秋津壽男院長は、

    「ジェネリックの普及を国が推し進めているのは、保険財政の破綻を防ぐためであって、患者の健康を考えてやっていることではありません。あくまでも財政ファーストで、患者ファーストではないのです」

     と、きっぱり。それでも結果的に、患者のためになればいいわけだが。ジェネリックとはなんであるのか、保険財政の事情とからめて確認しておきたい。

     厚労省のHPには、

    〈後発医薬品(ジェネリック医薬品)は、先発医薬品と治療学的に同等であるものとして製造販売が承認され、一般的に研究開発に要する費用が低く抑えられることから、先発医薬品に比べて薬価が安くなっています。後発医薬品を普及させることは、患者負担の軽減や医療保険財政の改善に資するものです〉

     と書かれている。これを厚労省担当記者に、少しかみ砕いてもらおう。

    「新薬は研究開発に始まって発売されるまでに、10年、15年とかかり、数百億円の投資が必要です。だからその分を回収するために、特許を出願したら20~25年は、開発した会社が独占的に製造、販売できます。でも特許期間が終われば、ほかの製薬会社が、同じ有効成分の薬を作って売ることができます。これがジェネリックで、研究期間が3~5年ほどですみ、開発費が格段に抑えられるので、価格も安くできるのです」

     一方、医療保険財政云々というのは、実際、のっぴきならぬ問題である。

    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1577626007/


    (出典 www.kankenpo.or.jp)


    【【悲報】医者の87%、ジェネリックは飲まない!!!!!!本心では信用していない!!!!!!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ