つばめや

まとめブログです。
ニュース、芸能、アニメ、面白い記事、気になる話題などお届けします。

    カテゴリ: アニメ・ゲーム


     9月5日深夜未明に、人気声優間島淳司が自身のTwitter更新。“声優マルチタレント化”に苦言を呈して話題になっている。

     間は、「気づけば声優さんもこうやって普通テレビに出る職業になって来たんだねー はー困ったw そんなつもりでこの仕事したわけじゃなかったというのに… もう『声優』って言い方やめて『マルチタレント』でいいんじゃないかって思うときあるよねw」とツイート。その後「だからこそ声優拘りたいんだけどねー マルチタレントはムリだw」と自身の考えを明らかにした。

     同時間帯は声優梶裕貴が出演した、『ナカイの窓』(日本テレビ系)が放送されていた頃。間も「お、ナカイの窓アニメ特集だ!」とツイートしていることから、同番組を見ていたと予想できる。

     間の苦言にネット上からは、「まったくもってその通り!」「たしかに声優テレビ出ていると、『なんか違うだろ』ってなる自分がいる」「私もアイドル声優マルチタレント化してきてて、なんだかなぁって思ってた」とのが。声優はもともと裏方の仕事なので、間の皮に賛同する人も多いようだ。

     しかし、「ニーズがあるから応えているんだろう」「長く活動する上で、声優タレント化って選択肢アリだと思うよ」「実があるからマルチタレントとしても活躍できるのでは?」といったも。実際、声優テレビ出演して歓喜のが上がることは多い。

     梶が出演した『ナカイの窓』放送時は、「ナカイの窓に出てる梶くん半端ない…。ほんとに惚れ惚れする」「梶くんトーク上手いし謙虚だし、どの発言にもがあって素敵だった」「梶くんやっぱイケボテレビで梶くんが見られるって幸せ」などのが上がっていた。

     また今年6月には浪川大輔吉野裕行福山潤会を務めた『~声優通販バラエティーイケボde生ポシュレww』(日本テレビ系)という通販番組が放送され、「最初から最後までしっかりと通販番組みたの初かもしれない」「プレゼン上手すぎてちょっと本気で購入を考える自分がいる」「初めて通販番組で笑ったわ。企画新でかった」といった好評のが。

     お笑いコンビ天津向清太朗も、自身のTwitterで「楽しかった! 最後普通に注文するモードモニター見てしまってた。それくらい商品の質の高さと演者の魅が詰まってたんだと思います!」と絶賛している。

     マルチタレント化だけでなく、“アイドル化している”とも言われている現在声優たち。声優のニーズが変わりつつあり、今はひとつの過渡期を迎えているのかもしれない。

    アイムエンタープライズ公式ホームページより


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【声優・間島淳司の苦言が話題!声優のマルチタレント化はアリ? ナシ?】の続きを読む


     放送における言論・表現の自由を確保しつつ、視聴者の基本的人権を擁護するため、放送への苦情や放送倫理の問題に対応する第三者の機関BPO放送倫理・番組向上機構)が、「2018年8月視聴者から寄せられた意見」を公式サイト上に開した。

     8月視聴者から寄せられた意見で立つのは「恒例の長時間にわたるチャリティー番組」に対する意見。『24時間テレビ』(日本テレビ系)については毎年さまざまな意見・苦情が入っているが、今年は猛暑の中でANZEN漫才みやぞんが総距離160kmをえるトラアスロンに挑戦したことに「チャリティー番組でタレントが過酷なトラアスロンに挑戦する企画について、”酷暑・熱中症注意”と毎日報道されている中、このような企画がなぜ強行されるのか理解に苦しむ」「テレビ局の都合で、放送終了間際にゴールするように調整しているのも、毎年見ていて気持ちが悪い」といった苦情が寄せられていた。

     TVアニメに対する苦情については、7月分に引き続き今回もゼロ(ないしはサイト上で開されていない)。その代わり、今回は深夜放送のTVアニメに苦情を入れる視聴者について“正論すぎる”意見が寄せられている。

    深夜アニメに苦情が入り過ぎている。深夜アニメ子どもが間違って見ないように深夜に放送しているのであって、それに対して“子どもが見たらどうするのか”という意見を述べるのはおかしい。子ども深夜アニメの時間帯に起きているのであれば、それは子どもを寝かさない親の責任であって、番組に責任があるのではない」

     BPOではこれまでにも深夜放送のアニメ、特にエログロ描写がある作品について「深夜の時間帯ではあったが、でもが簡単に視聴できる地上波で放送するような内容ではない」(171月)、「最近の子どもは寝る時間が遅いので、偶然このようなシーンにしてしまうことも考えられる」(172月)、「深夜の時間帯といえども、録画などで子どもたちが見てしまうと悪影を及ぼすのではないかと心配だ」(1710月)といった、やや斜め上の意見が寄せられていた。

     今回の意見のような「子どもを寝かせない親の責任」があるのはもちろん、現在は録画だけでなく、ネット配信などでも深夜アニメを視聴できる環境が整っているため、が子に不適切だと思うアニメを見せたくないのであれば、親として“見せないための環境づくり・教育”をすべきだと思う。

     そもそもすべての深夜アニメ少年にとって不適切な内容を放送しているわけではなく、少年にも深夜アニメを見る権利はあると思うが……。これからもBPOに寄せられる深夜アニメ関連の意見には注していきたい。

    BPO(放送倫理・番組向上機構)公式サイトより。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【BPO】深夜アニメに苦情を入れる親に、ド正論な意見wwwwwwwww】の続きを読む


    9月12日宇宙の日!

    1992年宇宙年を記念して、日本国宇宙年協議会が宇宙の日にふさわしい日を募した結果、宇宙飛行士の毛利衛さんがスペースシャトルで初めて宇宙へ飛び立った9月12日が選ばれました。

    宇宙SFアニメの舞台にもなる重要な要素ですよね。日本初の30アニメ番組『鉄腕アトム』をはじめ、これまでもバラエティ豊かなSFアニメが放送・開されてきました。

    そこでアニメアニメ!が「好きなSFアニメは?」と第して調ランキングが発表されました。その中で最も人気SFアニメは一体なんなのでしょうか…?

    好きなSFアニメランキング



    1位『宇宙戦艦ヤマト』




    2位『銀魂』



    3位『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』&『AKB0048』



    5位 『プラネテス

    6位 『宇宙戦艦ヤマト2199

    6位 『銀河英雄伝説

    6位 『銀河鉄道999

    9位 『機動戦士ガンダム

    9位 『ガンダム Gのレコンギスタ

    9位 『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX

    ランキング20位以内には、『PSYCHO-PASS サイコパス』『マクロスΔ』『ワールドトリガー』『STEINS;GATE』などもランクインしていました。

    SFとは、科学が進んだ未来社会宇宙を舞台とする、想的・空想科学物語

    あなたはSFアニメと聞いて何を思い浮かべましたか?

    好きなアニメや思い浮かべたアニメがあればぜひコメントにお願いします!もちろん好きなポイントエピソードなんかもお待ちしています。

    アニメアニメ
    https://animeanime.jp/article/2018/09/12/40088.html

    関連記事
    あなたが好きなスポーツアニメは何ですか?

    一番笑ったギャグアニメランキングが発表!第1位時事ネタスレスレパロディを混ぜてくるあの作品

    関連カテゴリ
    今日は何の日?声優さんやアニメキャラ誕生日、世の中の記念日で盛り上がろう!
    好きなSFアニメは?『銀魂』や『ガンダム』など”宇宙の日”に因んだランキングが公開


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【宇宙の日】好きなSFアニメは?『銀魂』や『ガンダム』などランキングが公開!!!!】の続きを読む


     9月2日から放送がスタートした『仮面ライダージオウ』(テレビ朝日系)で、平成ライダーシリーズ20作品に。これを記念して「東映特撮」のYouTube公式チャンネルでは、歴代19作品の1話・2話が開されたのだが、ファンからは「残酷なことをしやがる……」と同情のが上がっていた。

     19作品がYouTube開されるということは、作品の人気度が“視聴回数”で可視化されてしまうということ。実際にチャンネル内の動画を見てみると、想像以上に数字の開きが出てしまっている。

     さっそく9月6日時点での第1話視聴回数を、ランキング形式で見ていこう。まずベスト5は、第5位『仮面ライダーウィザード45万回再生)』、第4位『仮面ライダーオーズ/OOO49万回再生)』、第3位『仮面ライダーディケイド52万回再生)』、第2位仮面ライダーW58万回再生)』、第1位仮面ライダー電王71万回再生)』という結果に。佐藤健演の『仮面ライダー電王71万回再生)』が、2位に大差をつける視聴回数を記録した。

    仮面ライダー電王』は、歴代シリーズの中でも異例の“電車”に乗る仮面ライダー未来からの侵略者「イマジン」と戦いを繰り広げる話だが、“モモタロスCV関俊彦)”など味方につくイマジンもいて人気キャラに。「、参上!!」といったキャッチー台詞も印的だった。また演の佐藤が、連続テレビ小説『半分、い。』(NHK)や『義母と娘のブルース』(TBS系)などで大活躍していることも追いになったのかもしれない。

     一方でワースト5は、第15位『仮面ライダーブレイド(15万回再生)』、第16位『仮面ライダー龍騎(12万回再生)』、第17位『仮面ライダーゴースト(10万回再生)』、第18位『仮面ライダー響鬼(7.5万回再生)』、第19位『仮面ライダーカブト(5.8万回再生)』。最下位の『仮面ライダーカブト』に至っては、『仮面ライダー電王』の1割にも満たない視聴回数だ。

     意外な結果に驚いたファンも多いようで、ネット上では「カブトめっちゃ格好いいのに…… こんな不人気だったんだ」「『カブト』は主人公水嶋ヒロなのに最下位ってマジ?」「『龍騎』は子どもの頃めっちゃ流行ってたような気がするけどこんな低いの?」「『ブレイド』は某ネット掲示板大人気だったのに弱くね? やっぱキッズの支持を集めないとだめなんだな」といったが上がっている。

     19作品の動画開で、“本当の”人気が露呈してしまった平成ライダーたち。絶賛放送中の『仮面ライダージオウ』には歴代ライダーも出るとのことだが、しっかりアピールして人気を集めてもらいたい。

    仮面ライダージオウ 公式サイトより


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【悲劇】公式が不人気ライダーを公開処刑!平成ライダー歴代19作品動画公開で格差が露呈!!!!!!】の続きを読む



    オリオンピック委員会のトーマスバッハ会長が、eスポーツオリンピック競技化について、「ありえない」との見解を示し、話題となっている。

    アジア競技大会2018が開催中のインドネシアのジャカルタAP通信の取材を受けたバッハ会長は、「暴力差別を助長する可性があるゲームオリンピックの競技にすることはできない」「殺人的なゲームオリンピックの考え方と矛盾している」などの見解を述べた。

    開競技としてeスポーツも採用された今回のアジア競技大会。『ウイニングイレブン 2018』『クラッシュ・ロワイヤル』『StarCraft II: Legacy of the Void』『ハースストーン』『リーグオブレジェンド』の5タイトルで争われたが、このうちサッカーゲームの『ウイニングイレブン 2018』以外は、”戦闘”や”戦争”がモチーフになっているもので、相手を倒したり、相手の地にある建物を破壊したりといった表現が登場する。それは必ずしも殺人”と呼べるものではないが、少なからず暴力的な要素を含んでいることは間違いない。

    そういった要素がオリンピック理念矛盾するというバッハ会長の考えについて、SNSでは、「正論だ」「理解できる」といった意見がある一方で、「ゲーム暴力を助長するわけではない」「時代遅れだ」といった意見もあり、賛否両論となっている。

    暴力的な表現が問題だというのであれば、『ウイニングイレブン 2018』のようなサッカーゲームであれば採用の可性もあるということになるが、9月2日放送のフジテレビ系ワイドナショー』においてダウンタウン松本人志は、「格闘ゲームならまだ分かるけど、サッカーゲーム五輪競技化となったら、サッカーをやってる人はどういう思いで」などとコメント。すでにオリンピックの競技として採用されているスポーツゲーム五輪競技化されることに違和感を示した。また、同番組でバカリズムは「eスポーツオリンピックとしていろいろな競技を見たい」とコメントしており、現在オリンピックとはまた別の大会を望んでいるようだった。

    この松本バカリズムの意見についてもSNSでは、「一理ある」「まともなことを言ってる」「バカリズムに納得」などのがあった。eスポーツオリンピックの中に入れることを望んでいるわけではないというネットユーザーも多いのだ。

    世界的に盛り上がりつつあるeスポーツだが、体を使う従来の「スポーツ」との”線引き”については、まだまだ議論の余地がありそうだ。
    (小大生)

    ■関連リンク
    Bach: No Olympic future for esports until ‘violence’ removed
    https://apnews.com/3615bd17ebb8478ab534691080a9a32a
    eスポーツ松本人志バカリズムらが五輪競技化にコメント – MANTANWEB(まんたんウェブ
    https://mantan-web.jp/article/20180902dog00m200007000c.html
    StarCraft II: Legacy of the Void
    http://us.battle.net/sc2/en/legacy-of-the-void/

    アジア競技大会の公開競技として採用された『StarCraft II: Legacy of the Void』 ※この画像はサイトのスクリーンショットです(StarCraft II: Legacy of the Void公式サイトより)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【IOC会長が「eスポーツは五輪競技としてありえない」発言!”線引き”で議論!!!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ