つばめや

まとめブログです。
ニュース、芸能、アニメ、面白い記事、気になる話題などお届けします。

    カテゴリ: ニュース



    (出典 upload.wikimedia.org)


    不要な管理職社員が多いって事ですか。

    1 記憶たどり。 ★ :2019/11/28(木) 17:39:14.75

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019112800796&g=eco

    味の素は28日、希望退職者100人程度を募ると発表した。
    来年6月末の退職日時点で満50歳以上の管理職の社員約800人が対象。
    味の素が期間や募集人数を示し、施策として希望退職を募るのは初という。


    前スレ
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1574922685/
    1が建った時刻:2019/11/28(木) 15:31:25.29


    (出典 business.nikkeibp.co.jp)


    【【リストラ】味の素、希望退職100人募集!50歳以上の管理職社員800人を対象!!!!!!!!!!!!!】の続きを読む



    (出典 juku-d.com)


    いろいろ凄いですね。

    1 シャチ ★ :2019/11/28(木) 19:07:11.54

    11/28(木) 18:39配信京都新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191128-00188441-kyt-soci
     滋賀県警草津署は28日、強盗致傷の疑いで滋賀県栗東市、大学生の男(20)を逮捕した。
     逮捕容疑は、10月5日午後5時~同6時半ごろ、栗東市内のホテルで、デリバリー*で派遣された女性(58)に自身が支払ったサービス料2万円を奪い、被害に気付いて廊下まで追い掛けた女性を突き飛ばし腕や膝に軽傷を負わせた疑い。


    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


    【【衝撃】58歳デリヘル嬢に支払った2万円を強奪!!!!!!!!!!!20歳大学生男を逮捕!】の続きを読む



    (出典 fuei-kyoka-hotline.com)


    価値観の違いでしょうか。

    1 ガーディス ★ :2019/11/27(水) 20:50:55.42

    2019年11月27日 11時0分
    文春オンライン

    「あたしの話を聞け」貧困女子ルポライターが呼び出され、出会った少女は圧倒的な怒りに満ちていた。興味をひかれ、2年越しという長期間に及ぶ聞き取り取材を続ける中で聞こえた“彼女の言葉”。

    ◆◆◆

    単純な善意や常識的な理屈は邪魔でしかなかった
    「売春による稼ぎで居所不定の生活を送る未成年の少女」は、本来保護とか支援とか、児童福祉の対象なのだが、そうした文脈で自分たちが被害者扱いされることに、19歳の里奈は激しい抵抗感を示した。

    「金で買われてんじゃなくて、売ってやってるんだけど?」
     それはやはり第一に、そうして自力で生きる少女らが、たとえ自らの性を切り売りし搾取されようとも、たとえ時には暴力の被害など恐ろしい経験をすることになっても、「自分の力」で生きていることを誇りに思い、その場で得られる自由とパワーの中に、それぞれ十代の少女なりの青春を味わっていたからだ。

     少女らの生きる世界の眩しさと逞しさを前に、単純な善意や常識的な理屈は邪魔でしかないのだと改めて思い知った。少女らからすれば、たとえどんなに劣悪な環境であっても、自分の力で奪い取った自由を誰にも侵されたくないのだ。

     里奈の語る生い立ちや物語に、僕自身の価値観そのものも、大きく覆された。

     里奈やその仲間たちは平然と言い切る。

    「金で男に抱かれることとあたしの自尊心は、関係ない」

    「金で買われてんじゃなくて、売ってやってるんだけど?」

    女を売ることは、世の中を生きるための「戦略」
     幼い時代の里奈は北関東の筋金入りのナイトワーカー女性らに育てられ、女が「自らの性」を糧に生きていくことを肌感覚で学んで育ってきた。もちろん女性がそんなことをせずとも自力で生きていく道が開けた世の中になったほうが良いに決まっているが、リアルを生きる彼女らにとって必要なのは、理想ではなく現実問題として圧倒的に女性の自由と尊厳が制限されてきている今を「どう生き抜くか」なのだ。

     女を売ることは、女に生まれただけで理不尽で不利な世の中を生きるための「戦略」。

     そして、その戦略を採るも採らぬも「女の自由じゃねえか」。

     里奈の言葉に、僕の中の綺麗ごとが次々に瓦解していった。

    「女でない者」が何か御用ですか?
     昨今、ミソジニスト(女性嫌悪主義者)とフェミニストの言い争いの中に、フェミ的な発言をする女性が女性性を押し出した服装や表現をするだけで「矛盾」とミソジニストが騒ぎ立てる定型化した流れがあるが、里奈たちの生き様や言葉はそうした論争を鼻で笑い飛ばす。

    全文
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17441844/


    (出典 www.world-of-dawkins.com)


    【【衝撃】性風俗業の少女が叫ぶ自由!買われてんじゃなくて売ってやってる!!!!!!!!!!!】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)


    そもそも殺人犯を逮捕していないからですよ。

    1 ばーど ★ :2019/11/27(水) 07:27:31.51

    ネットに復活した「人身御供」

    今年4月、東京・池袋で突然車が暴走して2人が死亡、9人が重軽傷を負った事故で書類送検された旧通産省・工業技術院の元院長、飯塚幸三容疑者(88)に対するバッシングが止まらない。

    Twitterなどのソーシャルメディアを中心に、飯塚容疑者への憎悪が再び呼び起こされたのは、11月12日の書類送検前後からだ。

    飯塚容疑者が11月9日にJNN(TBS系)の取材に対し、「安全な車を開発するようにメーカーの方に心がけていただき、高齢者が安心して運転できるような、外出できるような世の中になってほしい」と語ったことが火に油を注いだ。
    自身の運転能力の問題を棚上げした言い訳にしか聞こえなかったからだ。

    直後、〈飯塚幸三はほんとにゴミだな〉〈(アカウントが)凍結されてもいいから飯塚幸三は*〉など、Twitterのポリシー違反のリスクを冒してまで、飯塚氏を名指しして「*」と明確に書き込む者が次々と現れた。
    これらの中には、数万単位でリツイート・いいねされるツイートもあった。

    さらに激しい怒りを喚起したのは、テレビ東京の取材で「予約していたフレンチに遅れそうだった」という飯塚容疑者の警察に対する供述が明らかになったことだ。
    「死刑じゃ軽すぎる」「ギロチンで処刑にしろ」など、つぶやきの内容もエスカレートした。

    それはあたかも現代の電子空間に復活した「人身御供(ひとみごくう)」を想起させるとともに、近年顕著になりつつある「国民共通の『敵』に対する感情の発露」で社会の統合を図ろうとする動きの、最たる例ともいえた。

    フランスの文芸批評家、ルネ・ジラールは、暴力と宗教に関する論考で「供犠(いけにえの儀式)の効果には共通点がある」と述べている。

    〈それは内的暴力である。つまりそれは、軋轢であり、敵対関係であり、嫉妬であり、近隣者間の争いであって、供犠はそれらをただちに除去しようとするのである。供犠が修復するものは共同体の調和であり、供犠が強化するものは社会的統一性である〉(*1)

    現代は、家族や地域社会などのソーシャル・キャピタル(社会関係資本)の崩壊により、「万人の万人に対する闘争」(トマス・ホッブズ)のような状態に陥りやすくなっている。

    わたしたちは「誰もが平等になると、それまで以上に小さな差異が気になる」という「平等のパラドックス」に囚われがちになり、「社会的つながりもなく、たんに隣り合って暮らすだけの人々からなる宇宙」でギスギスした生活を送り始めている(*2)。

    そのような中で、「言葉による暴力」の対象となり感情の浄化をもたらす「国民共通の敵」=「パブリック・エネミー(公共敵)」の存在は、
    前述の「万人の万人に対する闘争」状態を一時的に終わらせ、良くも悪くも「〈わたしたち〉という感覚(ナショナルなつながり)」に気付かせてくれる。

    続きはソースで
    2019.11.26
    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/68670

    ★1が立った時間 2019/11/26(火) 21:29:49.97
    ※前スレ
    【池袋暴走】飯塚幸三容疑者を「パブリック・エネミー」に認定した日本社会の病巣 ★2
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1574778279/


    (出典 blogimg.goo.ne.jp)


    【【衝撃】殺人犯・飯塚幸三をパブリック・エネミーに認定した日本社会の病巣!!!!!!!!!!!!!】の続きを読む



    (出典 shanshan2.link)


    死刑前に、モルモットとして活躍できたのですね。

    1 幻の右 ★ :2019/11/27(水) 08:17:06.83

    かった。初期の治療で他人の皮膚の提供を受ける通常の治療法を採用せず、自己の組織を培養してできた皮膚や人工皮膚だけで救命されたことも判明。専門家は、全身の90%以上にやけどを負った患者への治療としては過去に例がないとしている。

    一命を取り留めたことで動機の解明が可能となり、京都府警は回復を待って逮捕し、本格的な捜査に乗り出す。

    医療関係者によると、治療したのは大阪府内の病院。当初、事件の被害者の受け入れ準備を進めていたが、収容先の京都府内の病院や京都府警からの要請を受け、青葉容疑者を治療することになった。搬送は事件発生から2日後で、全身の約90%が「3度熱傷」に分類される重いやけどを負っており、救命は困難な状況だった。

    他人の遺体から提供された移植用皮膚を保管する「スキンバンク」はドナー不足とされ、多数の被害者に多くの皮膚が必要となる可能性があった。過去に全身の70%程度をやけどした患者で提供皮膚を使わずに救命したスタッフがおり、同様の治療が可能と判断。提供皮膚は被害者へ優先する方針を決めた。

    初期の治療には「人工真皮」と呼ばれる人工皮膚を使用。その後、自分の皮膚組織の一部から培養して皮膚を作り出す「培養表皮」を使って移植する手術を繰り返した。培養に時間がかかるため、その間に人工真皮だけで治療するのは難しく、感染症などへの高度な対策が必要になる。

    提供皮膚を使わない条件下で広範囲のやけどを治療するケースはほとんどなく、結果的に初の事例につながった。来年にも学会で発表される見通し。

    青葉容疑者は事件当日の7月18日、京都府内の病院に搬送。同月20日、大阪府内の病院に移送された。8月にはほぼ命に別条がない状態に回復。今月8日に京都府警の事情聴取を受け、14日に京都府内の病院に戻った。



    ◆京都アニメーション放火殺人事件 7月18日午前10時半ごろ、「京都アニメーション」の第1スタジオから出火。鉄筋コンクリート造りの3階建ての建物内にいた社員70人のうち、男性14人、女性22人の計36人が死亡し、33人が重軽傷を負った。京都府警は青葉容疑者の身柄を確保。ガソリンをまいて放火したとして、殺人や現住建造物等放火などの疑いで逮捕状を取った。容疑者の回復を待って逮捕する方針。

    2019年11月27日2時0分
    https://www.nikkansports.com/general/news/201911260000910.html


    (出典 koku-byakunews.com)


    【【判明】京アニ放火殺人犯・青葉真司、全身90%やけど救命困難だった!!!!!!!!!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ