つばめや

まとめブログです。
ニュース、芸能、アニメ、面白い記事、気になる話題などお届けします。

    カテゴリ: ニュース



    (出典 i.ytimg.com)


    殺人犯に優しい国ですね。

    1 首都圏の虎 ★ :2020/09/10(木) 17:18:59.94

    最高裁第1小法廷は10日までに、埼玉県熊谷市で6人を殺害したとして強盗殺人などの罪に問われたペルー人の男(35)の上告を棄却する決定をした。一審の死刑判決を破棄し、心神耗弱を認めて無期懲役とした二審東京高裁判決が確定する。

    https://this.kiji.is/676702262757098593?c=39550187727945729


    (出典 pbs.twimg.com)


    【【唖然】熊谷6人殺害、ペルー人男の無期懲役確定へ!!!!!!】の続きを読む



    (出典 www.muromin.jp)


    大変ですね。

    1 蚤の市 ★ :2020/09/10(木) 16:09:04.13

    働く人の5割が非正規、男性の2.5倍

     新型コロナウイルスの感染拡大が、働く女性に深刻な影響を与えている。女性は雇用者に占める非正規の割合が5割超と男性の約2・5倍高く、飲食店の休業などで解雇や雇い止めとなるケースが目立つ。女性の非正規労働は、アベノミクスの「雇用創出」を支えてきたが、コロナ禍で「雇用の調整弁」とされている実態が鮮明になった。専門家は「男女間の構造的な格差が改めてあぶり出された」と指摘する。

     「仕事が減り、この先どう生きていけばいいのか。子どもたちには2食で我慢してもらい、私は2日に1食が当たり前です」

     シングルマザーを支援するNPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ(東京)には、母親からの悲痛な相談が相次いで寄せられている。同法人などが7月に実施した調査では、母子世帯1388人のうち61・5%が非正規で、半数が収入が減少したと回答。平均月収はコロナ禍前から1万2千円減り、10万9千円だったという。

     厚生労働省の集計では、感染拡大に関連する解雇や雇い止めは見込みも含め5万2500人を超えている。同NPOの調査に協力した立教大の湯沢直美教授(社会福祉学)は「生活難で子どもの学費のための貯金がなくなったという声もある。進学断念などで格差が拡大し、固定化する恐れがある」と懸念する。

     苦しいのは母子世帯に限らない。総務省によると、政府が緊急事態宣言を出した4月、国内の雇用者数は7年4カ月ぶりに減少に転じた。男性が前年比3万人減だったのに対し、女性は10倍以上多い34万人減。感染拡大の影響が女性に顕著に表れたのは、国内の非正規雇用者(約2千万人)の7割近くを女性が占めるためだと考えられる。

     個人で加入できる労働組合、総合サポートユニオン(東京)に2月末から寄せられている相談も約3千件の6割が女性だ。休業を余儀なくされた飲食、サービス業などの従事者が多い上に、学校が休校になった子どもの世話のために仕事を休まざるを得ない事情もあったという。

    安倍政権「看板政策」かすむ

     統計上は2012年から19年にかけ499万人の新たな雇用が生まれており、安倍晋三首相はアベノミクスの実績としてアピールする。ただ、このうち226万人は非正規の女性。看板政策に掲げた「女性活躍の推進」はコロナ禍を前にかすんでいる。

     第一生命経済研究所の永浜利広首席エコノミストは「コロナの影響は長期化しており、女性の従業員比率が高い飲食サービス業などの需要は戻っていない。雇用維持策だけでなく、デジタル関連産業などにも対応できるような職業支援をすることが次の政権には求められる」と話す。

    (久知邦)

    西日本新聞 2020/9/10 6:00
    https://www.nishinippon.co.jp/item/n/643390/

    ★1 2020/09/10(木) 08:06:21.31
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1599712419/


    (出典 oki.ismcdn.jp)


    【【コロナ解雇】2日に1食が当たり前!働く女性の悲痛な声!!!!!!】の続きを読む



    (出典 www.aviationwire.jp)


    実行すべきですね。

    1 ばーど ★ :2020/09/10(木) 15:46:03.13

    ピーチが運航する釧路発関空着APJ126便が2020年9月7日(月)、15時ごろ新潟空港に臨時着陸した件を巡り、損害賠償請求も検討している模様です。

    この事案は、マスクをしていない男性客を不安視した周りからの乗客のクレームを受け、ピーチのスタッフや客室乗務員が出発前から対応していました。当該客には、マスク着用や他の座席への移動を提案したものの拒否されました。それでも、マスク非着用を不安視する周囲の乗客に移動してもらい、離陸しました。

    その後も納得できないとした当該客は、断続的に大声をあげ、客室乗務員の業務を阻害しました。このため、航空法第73条の3で規定するいわゆる「安全阻害行為等」にあたると機長が判断し、新潟空港への臨時着陸を決断しました。

    この便は、釧路から関空まで直行便であったところ、新潟空港に臨時着陸したことで、余計な燃料費、新潟空港にスタッフを配置する人件費、また着陸に関連する空港での費用など余計な経費がかかっています。格安航空会社(LCC)は、燃料費、人件費など大手に比べ特に細かく削減し、格安な運賃を実現しています。ピーチは、「決まったことはない」とコメントしつつも、その行為を悪質と判断した場合には、請求する可能性があるとの立場です。

    なお、搭乗客への保証に関しては、ピーチに限らず、目的地までの輸送を契約しているため、延着を理由にした保証はありません。今回の事案は、新潟空港に臨時着陸したことにより、関西国際空港への到着は遅れたものの、目的地に到着しているため、交通費などによる保証はありません。

    ピーチでは、新型コロナウイルス感染症の流行以降、定期航空協会が定めたガイドラインに基づき、子どもや病気を理由とする場合を除き旅客にマスク着用を要請しています。また、マスクがない旅客には無料で配れるように機内に搭載するなど、対策も講じています。実際は多くの旅客がマスクを着用しており、機内に用意しているマスクを配布する事案は多くないようです。

    ピーチは、機内では座席のアームレストをはじめ、乗客が触れる部分など、これまで通り細めな清掃を続け、安心・安全な機内環境を作り、運航します。ホームページでも旅客向けに「旅をもっと安全に楽しむための10のこと」をまとめ、空港ではポスターを掲出し、航空券でもお知らせするなど、安心して利用してもらえる環境づくりを整えます。

    2020/09/09 13:00
    https://flyteam.jp/news/article/127856

    (出典 freighter.flyteam.jp)


    ■関連スレ
    機内でマスク拒否し「非科学的だ。書面を出せ」と乗務員威嚇…釧路発 関空行きピーチ、新潟空港に臨時着陸して男性客降ろす ★32 [ばーど★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1599713562/

    ★1が立った時間 2020/09/10(木) 11:52:12.11
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1599716349/


    【【議論】ピーチ、損害賠償請求も検討!!!!!マスク・トラブルで臨時着陸!】の続きを読む



    (出典 www.at-s.com)


    県から搾り取りましたね。

    1 孤高の旅人 ★ :2020/09/10(木) 15:40:25.00

    県が1億円超支出してWHOに派遣の女性職員、自己都合で退職し転職
    9/10(木) 13:31配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/dfb9efd609fb1de6c5eeb305f1f5665729b2b56d

     神奈川県が、独自の健康増進政策を進めるために必要だとして、2016年からスイス・ジュネーブの世界保健機関(WHO)本部に派遣した女性技幹(46)が自己都合で退職し、WHOに転職した。県は女性の給与負担などで計1億円超を支出してきたが、目に見える成果は乏しく、「いずれは県に戻り、WHOで得た最新の知見を還元してもらう」という計画も頓挫した。県議会では当初から、派遣の効果に懐疑的な見方があり、それでも推し進めた県の責任が問われそうだ。(佐藤竜一)

     県によると、女性は医師で、16年6月に県に採用され、半年後の12月からWHOの高齢化部門に派遣された。病気になる手前の状態「未病」の改善と最先端医療技術を融合させると掲げ、黒岩知事が力を入れる「ヘルスケア・ニューフロンティア政策」。この独自政策に、WHOの知見を生かす狙いだった。

     ジュネーブのWHO本部への女性の派遣を巡っては、県議会で度々、取り上げられてきた。それだけの効果が見込めるのか、女性が県に復帰する保証はないのではないか。そう懸念する県議もいたからだ。

     18年11月の県議会決算特別委員会では、鈴木秀志県議(公明)の質疑に対し、県は「派遣期間が終了した後は県に戻り、WHOで得た知見、人材ネットワークを最大限に活用していただく」と答弁。県職員として働くのは「規定路線」だと強調していた。

     ところが、女性は先月までにWHOの採用試験に合格。今月から正規職員となった。派遣期間中、WHOの高齢者施策のガイドライン策定などに携わり、WHO側から昨夏、転職の勧誘があったという。女性は無断で話を進めたわけではなく、県に報告、相談しており、県側は本人の意思を尊重せざるを得なかった。

     派遣の成果について県は、3月から一般向けにサービス提供を始めた「未病指標」への女性の関与を挙げる。アプリを使い、自分がどんな「未病」の状態にあるかを数値で確認できるというもので、女性はWHO職員の立場から助言したといい、県の担当者は「それが県民に対する一番のフィードバックだ」と話した。

     ただ、こうした成果は県関係者でも一部しか把握しておらず、ある県幹部は「WHOに行ったことは知っているが、何をしていたかは知らない」と明かす。

     女性は今月7日付で県の非常勤顧問に就任。県は「引き続き連携はできる」としている。これに対し、複数の県議が「派遣した成果や県の対応について、今後、説明を求めていく」と追及の構えをみせている。

    ★1:2020/09/10(木) 14:16:11.59
    前スレ
    【神奈川】県が1億円超支出してWHOに派遣の女性職員、自己都合で退職し転職 [孤高の旅人★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1599714971/


    (出典 pbs.twimg.com)


    【【唖然】神奈川県が1億円超支出してWHOに派遣の女性職員、自己都合で退職し転職!!!!!!】の続きを読む



    (出典 ggo.ismcdn.jp)


    被害者面した結果ですね。

    1 ばーど ★ :2020/09/10(木) 08:33:44.42

     高速道路を運転中に、後続のトラックの走行を妨害しようと停車し、著しい交通の危険を生じさせた"あおり運転"をしたとして、53歳の男が書類送検されました。

     高速道路でのあおり運転の逮捕や書類送検は、6月30日の厳罰化以降、全国で初めてです。

     道路交通法違反(妨害運転)の疑いで書類送検されたのは、北海道札幌市白石区の53歳の無職の男です。

     男は7月1日午前11時20分ごろ、占冠村の高速道路・道東自動車道のトマムインターチェンジから占冠インターチェンジまで向かう車線で普通貨物自動車を運転中、後ろを走っていたトラックにあおられたと勘違いし、トラックの走行を妨害する目的で、自身の車を止めてトラックを停車させた疑いが持たれています。

     男はその後車を降り、トラックの52歳の会社員の男性運転手に対し「何あおってんのよ」などと話しました。

     現場は片側1車線の直線道路で、少なくともトラックのほか後続の車3台が停止しました。

     警察によりますと、トラックにはドライブレコーダーが付いていて、男が停車し話をする様子が映っていましたが、トラックがあおったという事実はなかったということです。

     男はその後車に戻って走り去り、けが人はいません。

     男性運転手が警察に通報し、警察が高速道路を走行中の男を見つけ、話を聞くなどして捜査を進めていました。

     調べに男は「相手に車間距離をつめられたので、停止させて注意しようと思った」などと容疑を認めているということです。

     高速道路でのあおり運転の逮捕や書類送検は、6月30日の厳罰化以降、全国で初めてです。

    9/9(水) 13:20 北海道ニュースUHB
    https://news.yahoo.co.jp/articles/87f3dae02e7e4d7f2371ba1c6c410219a8989790

    (出典 fnn.ismcdn.jp)


    【【被害妄想】「何あおってんのよ」高速道路であおり運転!後続のトラック停止させた無職の男(53)!!!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ