つばめや

まとめブログです。
ニュース、芸能、アニメ、面白い記事、気になる話題などお届けします。

    カテゴリ: スポーツ


    審判がセリーナの試合をボイコットする動きが浮上

     テニスの全オープン女子シングルス決勝は大坂なおみ日清食品)がセリーナ・ウィリアムズ米国)を破り、グランドラム初優勝を達成したが、波紋を呼んだのは警告を受けたセリーナのカルロスラモス審に対する暴言。「あなた、謝りなさいよ」などの発言がマイクに拾われ、会場中からブーイングが起きる事態となった。ラモス審が観衆の反感を買うこととなったが、この異常事態を受けて審判たちがセリーナの試合をボイコットする動きが出てきているという。海外メディアが報じている。

     セリーナが起こした未曽有の騒動。過な暴言を吐き、その後もラケット破壊、ラモス審に対する「盗人」呼ばわりなど3つの違反により、1ゲーム没収のペナルティを言い渡された。しかし、これがセリーナファンが埋め尽くした観衆の反発を買い、ブーイングが吹き荒れる展開となった。

     例え全うなジャッジを行っていたとしても、観衆の反発を買ってしまう。こうなると、審判たちがセリーナの試合を裁きたくなくなるのは仕方がないことか。USAトゥデー」は、「審判たちはセリーナ・ウィリアムズに対して、対抗しようとしていることが報じられている」と伝えている。

     同は英タイムズ」や英ガーディアン」の報道引用する形で、審判たちがセリーナの試合をボイコットする動きがあること、また審判たちが組合化を検討していることを紹介している。また同は統括団体の姿勢も明らかにしている。

    「WTA(女子テニス協会)とUSTA(全テニス協会)は性別に基づく差別だというウィリアムズに賛同している。グランドラム大会の審判などを管轄する際統括団体であるITFは、ラモス審判を擁護する姿勢をとっている」

    審判は不安心情代弁「微妙な判定をしてしまえば、も守ってくれない」

     記事では「テニス審判特定の試合に関して意見を述べることを禁じられている」とした上で、ラモス審判ポルトガル「トリビューナ・エクスプレッソ」に「私は大丈夫だ。難しい状況ではあるが」とったことにも言及。さらに「他の審判達は怒りをあらわにしている」ことにも触れている。

    リチャードイングス元審判は、ESPN(放送局)に対してこの件に関しての対応についてWTAへの不満を述べており、『次のラモスになるのではと皆恐れている。微妙な判定をしてしまえば、も守ってはくれないと感じている』としている」

     一方で、イングス氏の「審判たちによるセリーナに対するボイコットまでは及ばないだろうと述べた」という見通しも伝えている。

     自らの起こした行為による波紋はしばらく収まりそうにない。本当に審判たちがセリーナの試合のジャッジをボイコットするような事態になるのか――。この問題はしばらく後を引きそうだ。(THE ANSWER編集部)

    セリーナ・ウィリアムズによるラモス主審に対する暴言を受け、審判たちにはボイコットの動きも【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【悲劇】セリーナの試合は裁けない!?審判がボイコット検討「誰も守ってくれない」】の続きを読む


     「愚行」で後味の悪さが残る大会だった。

     U18アジア選手権の決勝戦が10日に宮崎市内で行われ、韓国が延長タイブレークにもつれ込む大戦の末、台湾に7-5で接戦を制して2大会ぶり5度の優勝を飾った。


     問題の行動は試合後だった。韓国ナインはマウンド付近でペットボトルを掛け合うウォーターシャワーで喜びを露にすると、ペットボトルやグラブを次々と放り投げた。その後に両チームが本塁前で挨拶をかわしたが、なんと韓国ナインは片づけずにそのまま一塁ベンチへ引き上げていった。韓国の首も注意しない。試合後には閉会式が予定されていたため、運営スタッフが散乱したペットボトルとグラブを拾い集める事態になった。

     この韓国代表の振るまいにネット上では怒りのが殺到。「個々のが高いことは認めるが、マナーとして最低。優勝を祝福する気持ちも起こらない」、「選手だけでなく、なぜ導者も注意しないのか。モラルがなさすぎる。組織関係者は大人として韓国選手に礼儀を教えるべき」と摘するが多く、中には「来年に釜山で行われるU18W杯韓国の出場権を剥奪するべき。感情論でなく他に失礼すぎる。スポーツマンシップのかけらもない。地元開催だけど出場できないぐらいのペナルティーを出さないと善しない」と手厳しい意見もあった。

    ・合わせて読みたい→
    韓国人選手のプレーに批判殺到 大阪桐蔭・中川が激怒したラフプレーとは?(http://cocokara-next.com/stress/criticism-in-the-play-of-the-korean-players/)

     喜びのあまりを忘れて片づけまで気が回らなかったかもしれない。だが、選手は一人として気づかなかったのか。また、導者も注意するべきだった。

     韓国日本と同様にアジア野球としてもがその強さを認めている。だが、強くても礼節や常識を欠いた行動では信頼を失う。日本反面教師にすると共に、韓国も今回の行動を反して襟を正さなければいけない。

    健康ダイエット運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保するものではありません。

    [文/構成:ココカラネクスト編集部]

    「韓国の出場権を剥奪するべき」 U18決勝戦後の愚行に怒りの声が殺到


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【批判殺到】韓国の出場権を剥奪するべき!!U18決勝戦後の愚行に怒りの声!!!!!!!】の続きを読む


    テニスの全オープンで、日本人初となる優勝を飾った大坂なおみ選手(20)。世界ランク19位の大躍進内外で賞賛のが相次いだ。

    一方、一部で大坂選手の出自をあげつらうような書き込みがあったとして、写真ローランドさん(50)は「いい加減この根性辞めて欲しい」と非難している。

    「もう21世紀だよ?いい加減この島国根性辞めて欲しい」

    大坂選手は大阪市出身。日本人ハイチアメリカ人のの間に生まれ、3歳からアメリカに移り住む。現在はフロリダを拠点に活動している。

    そのため日本アメリカ籍を持つが、2020年東京五輪は「日本代表」として出場すると本人は明言している。

    案の定大坂なおみ日本人じゃない』『日本人に見えない』とか書いているツィート見かける」

    大坂選手が日本人初の四大大会(全、全、全ウィンブルドン)制覇を成し遂げた2018年9月9日ローランドさんはこうツイートした。大坂選手の優勝を受け、一部のツイッターユーザーからは生い立ちをめぐる差別的な投稿が上がっていた。

    自身もスコットランド系の父親日本人母親を持つさんは、サッカーフランス代表を例に「半数近くの選手が移民の親を持つ二世や混血なんだよね」と摘。その上で、「なんか日本って未だ純血義で驚く。もう21世紀だよ?いい加減この根性辞めて欲しい」と呆れ返った。

    ツイートは10日現在で2万2000「いいね」と反を呼び、共感のが多数寄せられている。

    大坂選手は「日本人のステレオタイプ」を壊す

    映画監督の想田和さん(48)は、こうした差別的な見方は大坂選手の活躍で薄れていくのでは、との観測を示している。9日にツイッターで以下の内容を書き込んだ。

    大坂なおみは、ハイチ米国人の日本人ダブル日本米国の二重籍。日本生まれだけど住まいも教育トレーニング米国。だけどプレイヤーとしての籍は日本内外で『日本人』のステレオタイプを壊し、イメージを変えてくれる存在になるのではないだろうか」
    Carine06撮影(WikimediaCommonsより)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【桐島ローランド、大坂なおみへの一部反応に苦言!!!!!】の続きを読む


    【朗報】U18日本、来年のW杯出場権は確保!中国に七回コールド勝ち!!!!!!!!


    NO.6923872
    U18日本 来年のW杯出場権は確保 中国に七回コールド勝ち
    U18日本 来年のW杯出場権は確保 中国に七回コールド勝ち
    「U18アジア選手権・3位決定戦、日本14−1中国」(10日、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎)

    日本が大勝し、来年のU−18W杯の出場権を確保した。

    1−1の二回、日大三・日置航内野手(3年)が今大会初安打となる中前適時打を放ち、勝ち越し。

    その後、報徳学園・小園海斗(3年)の適時打で加点した。

    4点リードの四回は大阪桐蔭・根尾昂(3年)の2点適時打などで8−1。

    五回は小園の適時二塁打で加点した。

    六回は日置の2点二塁打などで5点を入れ、11安打14得点でコールド勝ちした。

    先発の横浜・板川佳矢(3年)は一回、適時二塁打を打たれ、先制点を献上。

    嫌なムードも漂ったが、一回途中から救援した大阪桐蔭・柿木蓮(3年)が、5回1/3を1安打無失点の好投。

    最終回は根尾が右翼手からマウンドに上がり、最速150キロの直球を軸に無失点で締めくくった。

    日本は今大会、韓国と台湾に敗戦。

    4大会ぶりに決勝進出を果たせなかった。



    【日時】2018年09月10日
    【ソース】デイリースポーツ


    【【朗報】U18日本、来年のW杯出場権は確保!中国に七回コールド勝ち!!!!!!!!】の続きを読む


    稀勢の里297日ぶり連勝、大関とり御嶽海も連勝 大相撲!!!!!!


    NO.6924118
    稀勢の里297日ぶり連勝、大関とり御嶽海も連勝 大相撲
    稀勢の里297日ぶり連勝、大関とり御嶽海も連勝 大相撲
    <大相撲秋場所>◇2日目◇10日◇東京・両国国技館

    8場所連続休場からの復活を目指す横綱稀勢の里(32=田子ノ浦)が初日の勢に続き、2日目の小結貴景勝(22=貴乃花)を突き落として2連勝とした。

    稀勢の里の連勝は昨年九州場所6日目以来、297日ぶりとなった。

    1勝2敗と負け越していた相手だけに価値ある連勝となった。

    休場明けの横綱白鵬(33=宮城野)は前頭筆頭の勢(31=伊勢ノ海)を上手出し投げで下し、同じく休場明けの横綱鶴竜(33=井筒)も前頭筆頭の魁聖(31=友綱)を送り出してともに2連勝を飾った。

    大関とりのかかる関脇御嶽海(25=出羽海)は前頭2枚目千代大龍(29=九重)を押し出して2連勝。

    かど番の大関栃ノ心(30=春日野)は前頭2枚目豊山(24=時津風)を寄り切って、大関高安(28=田子ノ浦)は関脇逸ノ城(25=湊)を押し出して2連勝。

    大関豪栄道(32=境川)は小結玉鷲(33=片男波)を寄り切って今場所初勝利を飾り1勝1敗とした。

    人気力士の前頭3枚目遠藤(27=追手風)は前頭4枚目阿炎(24=錣山)に突き出され2連敗となった。



    【日時】2018年09月10日 17:59
    【ソース】日刊スポーツ


    【稀勢の里297日ぶり連勝、大関とり御嶽海も連勝 大相撲!!!!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ