つばめや

まとめブログです。
ニュース、芸能、アニメ、面白い記事、気になる話題などお届けします。

    カテゴリ: スポーツ



    (出典 www.news-postseven.com)


    大変ですね。

    1 幻の右 ★ :2021/03/03(水) 17:25:03.08

    卓球女子元日本代表で、現在は解説者やタレントとして活動する福原愛(32才)に不倫疑惑が浮上した。3月4日発売の女性セブンが報じる。

    【写真39枚】にこやかに車の扉を開ける福原愛と男性のデート姿。黄色スカート、全身写真。他、赤レンガ倉庫前を歩く膝下丈黒ワンピの福原愛(デート時)や、中華街のお店に2人で並ぶ姿など。ホテルにお泊まりした翌日は服装も変わっていた。
    https://www.news-postseven.com/archives/20210303_1639691.html?IMAGE&PAGE=2

     2月下旬、福原の姿は横浜・中華街にあった。彼女の隣には身長差25cmほどある長身のイケメン男性。二人は寄り添って歩き、人気店で行列に並んで買った焼売や小籠包を仲良く頬張った。

     福原は、2016年9月に台湾出身の卓球選手、江宏傑(ジャン・ホンジェ・32才)と結婚。二児をもうけ台湾で暮らしている。今年1月、「株式会社omusubi」を設立し代表取締役に就いた彼女は、その会社設立の手続きなどで現在、日本に単身赴任中だった。その最中にデートを楽しんでいた相手とは誰か。

    「Aさんという、都内の一流企業に勤めるエリートサラリーマンです。メジャーリーグで活躍する大谷翔平選手(26才)似のイケメン。愛ちゃんとは6、7年前に知人を介した食事会で知り合い、今年に入って急接近。この日のデートは愛ちゃんが『横浜に行きたい』と言って実現したものです」(福原の知人)

     中華街を後にした二人は、Aさんが運転する高級車に乗り込みベイエリアにあるホテルへ。辺りを警戒するようにして駐車場に潜り込んだ。翌日も横浜のみなとみらいでデートを楽しみ、帰路へ。福原は現在、東京の自宅で一人暮らしをしているが、この日はAさんと共に帰宅。翌朝、Aさんは福原の自宅から出勤した──。


     福原と江の夫妻は、台湾では幸せに満ちたカップルと言われている。夫婦のSNSからは家族団らん、仲睦まじい様子が発信されているし、夫婦でのCM共演も多い。しかし、最近になって異変が見られていた。

     2月18日に放送された『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演した福原は、「(日本と台湾を)行ったり来たりが多いんですけど、いまは台湾にいる期間が長くて、これから拠点を日本に移していこうかなというふうに。子供が幼稚園に入るタイミングなので」と発言。突然の帰国宣言に、国内外のメディアが「夫との別居か」と報じた。

     これに対し夫の江は、2月25日の会見で「妻は東京五輪の関係のことで日本に戻っている。子供はママにとても会いたがっていて、毎日ビデオ通話をしています」と別居説を否定したのだった。

     冒頭の横浜お泊りデートは、江がそう反論した2日後のことだった。

     福原に、Aさんとの関係について直撃すると、一瞬驚いたような表情を見せたが冷静な態度で対応した。

    ──Aさんとはどのような関係ですか?
    「精神的にあまり安定していない私を、サポートしてくれる仲のよい友達の1人です」
    ──2人でホテルに泊まっている事実を確認しています。
    「それは事実ですが、ホテルの部屋は2部屋取っていました」

     そう述べ、さらに福原の自宅に泊まったことなどについても釈明した。

     夫や子供を台湾に残し、一人日本で生活をする福原がとった行動の意味は何だったのか。3月4日発売の女性セブンは、白昼堂々の横浜デートの様子、Aさんの素性と福原の関係、SNSではわからない福原と夫の本当の夫婦関係、彼女が直面するストレスフルな台湾生活、そして福原への直撃のさらなる詳細に至るまでを、写真とともに計5ページで詳報している。

    3/3(水) 16:05
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9c24f5316528ee22c225dd8969e198b8f0f220cb

    ※前スレ
    福原愛に不倫報道!夫と子供を台湾に残して横浜「お泊りデート」撮 [幻の右★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1614756182/


    (出典 www.sankei.com)


    【【発覚】お泊りデート!福原愛、不倫???????】の続きを読む



    (出典 jocr.jp)


    渦中の人ですから。

    1 蚤の市 ★ :2021/03/03(水) 08:08:06.18

     民間が実施した新型コロナウイルスをめぐる日米欧6カ国の世論調査で、今夏予定の東京五輪開催に反対する回答が日本と英国、ドイツで過半数を占めたことが2日、分かった。中でも日本の調査結果は反対が56%に達し、6カ国で最多だった。コロナ禍の収束が見通せない中、五輪開催に厳しい視線が注がれていることが浮き彫りになった形だ。

     独米PR戦略大手「ケクストCNC」のレゲヴィー日本最高責任者が取材に応じた。3日にも公表する。
     東京五輪の年内開催に「同意しない」との回答は日本が56%、英が55%、独が52%。米は賛否とも33%だった。米を除く5カ国で反対が賛成を上回った。
     五輪開催の可否はワクチン接種の進展が焦点とされる。供給体制が整った場合、「接種する」と答えた人の割合は、日本は64%で4位。最多は英の89%、次いでスウェーデン(76%)、独(73%)。米は日本と同じ64%だった。
     レゲヴィー氏は「国際オリンピック委員会(IOC)と日本政府は東京五輪開催に関する強い批判に直面している」と指摘。日本でワクチン接種が進展しなければ、国際的に反対論が強まる可能性があるとの見方を示した。
     ケクストCNCは米欧アジア広域で企業、金融機関などに広報戦略を助言。コロナ感染拡大では継続的に各国の世論を分析している。今回の調査は2月に日米英仏独とスウェーデンの各国1000人ずつ(18歳以上)に実施した。

    時事通信 2021年03月03日07時34分
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2021030200886&g=cov&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit


    (出典 assets.media-platform.com)


    【【衝撃】五輪開催反対の最多国は?????】の続きを読む



    (出典 d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net)


    またクスリじゃないか疑ってしまいますね。

    1 みつを ★ :2021/02/24(水) 09:42:25.54

    【速報】タイガー・ウッズ氏、交通事故で重症 入院へ

    2021/02/24
    AFP
    https://twitter.com/afpbbcom/status/1364333768962572289?s=21
    (リンク先に動画あり)

    タイガー・ウッズ氏、大事故で搬送 運転の車横転・大破

    乗車していたのはウッズ氏のみで、同氏は救急隊員により車内から救出され、治療のため付近の病院に搬送された。ウッズ氏のエージェントは米メディアに対し、同氏が脚に複数のけがをし、現在手術を受けていることを明らかにした。

    前スレ
    【米国】タイガー・ウッズ氏、大事故で搬送 運転の車横転・大破 ★2 [みつを★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1614118936/
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    (出典 www.asahicom.jp)


    【【大事故】タイガー・ウッズ運転の車横転!大破!大重体!!!!!!】の続きを読む



    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    引き合いに出されましたね。

    1 ひかり ★ :2021/02/20(土) 16:43:04.10 ID:CAP_USER9.net

     お笑いタレント今田耕司(54)が20日、MCを務める読売テレビ「特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」(土曜前11・55)で、東京五輪・パラリンピック組織委員会の新会長に就任した橋本聖子氏(56)の過去の「セクハラ報道」について私見を述べた。

     橋本氏は日本スケート連盟会長(当時)で選手団団長を務めた、2014年ソチ五輪閉会式後に選手村で開かれた打ち上げパーティーで酒に酔い、フィギュア男子代表の高橋大輔選手に抱きつき、キスをする写真が週刊誌で報じられた。当時、高橋選手は「パワハラやセクハラを受けた認識はない」とコメントし、橋本氏は謝罪文を出したものの、セクハラ疑惑を否定していた。

     ゲストの元衆院議員でタレントの杉村太蔵(41)が「高橋さんも被害感情はない。訴える気も全くないと言っているにも関わらず、それを(いまだに)根掘り葉掘りやってですよ。本人が何もセクハラを受けた感じをしないと言っているのに」と、報道のあり方に苦言を呈すると、今田は同調。「(例えば)俺が酔っぱらった久本(雅美)さんにキスされるようなもんでしょ?何のあれもないもん」。

     さらに「周りが勝手にセクハラだと言っているだけだし、その現場(打ち上げパーティー)は楽しかっただけやから」と私見を述べ、「ほんまにね、第三者がセクハラ言うのはちゃいますよね」と苦言を呈していた。

    スポニチ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/3782bbb53639634a8bfa6a2e21879c024f2a68e8


    (出典 yoshio526.com)


    【【とばっちり】橋本新会長騒動!!!!今田耕司「酔っぱらった久本さんにキスされるようなもん(笑)」】の続きを読む



    (出典 tk.ismcdn.jp)


    無理矢理開催したいのですね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/02/20(土) 06:36:42.79

    世論の8割が開催中止を求めるなか、すでに組織委員会は「無観客」での開催を視野に入れ始めた。しかし、206の国と地域の選手が全員、来日するという保証はどこにもない。むしろ、選手が来られない可能性のほうが高いのだ! 各国の動向を追った

    4~5割の出場枠が未定。海外から選手団が来ない可能性も
     コロナ禍での東京五輪開催に国民の8割が「反対」の声を上げるなか、組織委員会・森喜朗前会長による女性蔑視発言で一気に堤防が決壊した。

     ロンブー淳や福島県の原発事故被災男性など聖火ランナーの辞退が相次ぎ、大会ボランティアも500人を超える大量辞退者を出した。森発言が呼び水となり、世論はより強く開催中止へ傾いた。

     一方で、延期された東京五輪はすでに「無観客」が既定路線になりつつある。IOCバッハ会長が1月に「無観客という選択肢もある」と言及し、組織委員会も無観客のシミュレーションに入った。

     しかし、ここにきてもっと重大な問題が表面化しつつある。海外から選手団が来ない可能性があるのだ。日本国内においてさえ、内定選手は20%にとどまっており400人以上の選手が未選出の状態なのだ(1月時点/NHK調べ)。スポーツ紙の五輪担当記者は言う。

    「代表選手を選出する国際大会が軒並み中止になっています。宮崎県で行われるワールドトライアスロンの中止が決まったばかりですが、大きいところでは韓国での世界卓球選手権、中国でのアジア陸上選手権も中止になりました。ロンドンでのボクシング欧州予選の中止など、大陸別の予選も軒並み中止となっている状況です」

     東京五輪には約1万1000人のアスリートが参加する予定だが、4~5割の出場枠がまだ決まっていない。元ラグビー日本代表で神戸親和女子大学教授の平尾剛氏は、相次ぐ世界大会の中止についてこう述べる。

    「これから、新たに選考のための大会を行うことはほぼ不可能です。そうなると、これまでの成績をもとに各競技の協会が選手を選考することになります。しかし、これでは五輪の理念である『フェアネス』が担保できません」
    「ワクチン格差」が五輪にも
     さらにワクチン問題もある。東京五輪への選手派遣を目指し、ハンガリーやセルビア、イスラエルなど優先的にワクチン接種を行っている国もある。

     しかし、参加国の7割が途上国・新興国という状況を考えれば、国際社会で問題になっている「ワクチン格差」が五輪にも当てはまる。

    「選手へのワクチン接種に関しては、先進国で奇妙な現象が起きています。独仏伊などでは高齢者や医療従事者を差し置いて選手に優先的に打つことが国民の反発を呼ぶとして、選手自身が辞退しています。先進国の選手はワクチンがあるのに接種せず、途上国の選手はワクチン不足で打てないという状態なのです」(前出の記者)

     世界大会の相次ぐ中止やワクチン問題など、各国の状況を文末にまとめたが、無観客に加えて「無選手」となれば開催は不可能だろう


    2/19(金) 8:34
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4334b2acb26b6177300b9f40ae3c0a13791e4c59?page=2

    前スレ https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1613760608/


    (出典 number.ismcdn.jp)


    【【悲報】東京五輪、日本と中国の運動会へwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ