つばめや

まとめブログです。
ニュース、芸能、アニメ、面白い記事、気になる話題などお届けします。

    カテゴリ: 歴史



    (出典 img2.bakusai.com)


    鏡を見た方が早いですね。

    1 荒波φ ★ :2021/08/12(木) 15:41:59.43

    (写真提供=VANK)“間違い”があるアメリカの教材

    (写真提供=VANK)バロン社の教材


    韓国の“サイバー外交使節団”を自称する団体VANK(バンク)が、アメリカの高校生が受ける大学進学のための標準テスト「SAT」と、高校在学中に大学入門レベルのカリキュラムが学べるプログラム「AP」の教材に、深刻な歴史歪曲があると指摘した。

    VANKは8月12日、バロンズ社やSATテストを主管するカレッジボード、プリンストンレビューなど3つの出版社が発行した新しい教材を分析した結果、韓国の歴史と関連したとんでもない間違いを検出し、すでに試験問題としても出題された事実を確認したと明らかにした。

    2020年12月1日に発行されたバロンズ社の「SAT世界史の試験」第3版には、「百済(ペクチェ)は朝鮮半島の南東にあった」「百済の歴史は日本の歴史の一つだ」など書かれており、歴史的事実とはまったく異なると指摘した。

    また、第2版では、韓国と日本の間の海を「東海(East Sea)」と単独表記したが、第3版では「日本海(Sea of Japan)」に変更したという。

    特に第3版では、韓国の歴史を正しく扱っていない。三国時代(紀元前1世紀から紀元後7世紀)以前の韓国史を記述しておらず、「1952年に韓国戦争が勃発した」「1988年のソウル五輪開催当時も独裁政権を維持している」など、誤った事実も見られた。

    バロン社が発刊した他の教材「AP人文地理学プレミアム」では、「朝鮮半島は中国と日本(Sino-Japanese)の文化が支配的だった」と説明しており、韓国の主要な宗教を「イスラム教」と記述していた。

    ■試験問題もでたらめ?

    過去に出題された試験問題にも、間違いが多いとVNAKは指摘した。

    カレッジボードが出版した公式受験書の世界史の過去問の地図では、1300年の高麗(コリョ)をモンゴルの汗国(かんこく)に含めたりした。問題の解説でも「地図で陰影処理された領域は、すべてモンゴル汗国の範囲を構成する」と釘をさしている。

    同出版社によると、この試験を9745人の学生が受験し、69%の学生が解いたという。

    他の試験問題では、1875年以前の朝鮮王朝が独立国家ではないように叙述されており、1894年に勃発した東学農民運動を「内戦」と規定した。

    毎年、SATは220万人、APは30万人の高校生が受験する。VANKは2020年9月からSAT、AP教材の出版社を対象に、韓国に関する間違いを正すよう要請するキャンペーンを展開しており、今回調査した新規教材の“間違い”も正していく計画だ。

    VANKは現在、グローバル請願とポスターを制作して配布している。それらはVANKの公式ページで確認が可能だ。


    2021年08月12日
    https://sportsseoulweb.jp/society_topic/id=33071


    (出典 i.pinimg.com)



    (出典 biz-journal.jp)



    (出典 www.newsweekjapan.jp)


    【【おまゆう】韓国団体、激怒!アメリカの教材は深刻な歴史歪曲だらけニダ!!!!!!!!】の続きを読む



    (出典 academic-box.be)


    時代ですね。

    1 ramune ★ :2021/08/10(火) 19:02:17.07

    太平洋戦争末期の日本は、資源も半ば尽きかけ、追い詰められた戦局を打開する合理的な作戦を立てられずにいた。
    アメリカに勝つために日本軍が導き出した作戦は、人命と引き換えに敵艦を撃沈せしめる「特別攻撃」。すなわち自爆作戦しかなかった。

     無防備ともいえる作戦が立てられるまで、いったいどのような経緯があったのか。
    (中略)

    合理的作戦」の破綻のあと

     レイテ沖海戦で敗北した日本海軍は、残存艦艇の修理、整備に入った。しかし、再び水上艦艇による決戦が行われるとは考えられない状況であった。
    大きな修理を必要とする艦艇は最小限の修理のみを施して、残るすべての力は特攻兵器の生産に充てられることになった。

     やや話はさかのぼるが、マリアナの攻防で艦隊を失った海軍は、ことの重大さに苦悩していた。
    もはや日米の戦力の差は決定的なものであり、通常の攻撃では、日本側に勝ち目はなくなっていたのである。
    米軍のレーダーは安定した性能で日本機の接近を探知し、十分な余裕を持って邀撃戦闘機を差し向けている。

    また、幸運にも邀撃戦闘機群の網を逃れ、米艦隊に突入できた飛行機も、小型レーダーを内蔵し、
    飛行機に接近しただけで炸裂するVT信管を装備した高角砲弾の弾幕に包まれて撃墜されてしまう。

     当時、日本海軍では、この米艦隊の対空砲火の命中率が異常に高いことに気づかず、単に対空機銃と高角砲が多い、
    つまり物量の差があるといった程度の認識しかなかった。

    ■何もない日本海軍に残された道

     この、米軍イコール物量という図式は、日本の軍人の頭の中に深く染み込んだ観念で、
    これはワシントン条約で日本の海軍が対米6割に抑えられた時からの長い歴史を持った観念であった。
    これらの物量に対抗するには、米艦隊を上回る戦力を集中して対抗すべきであったが、日本海軍にはすでにその力はなく、
    力を蓄積するだけの資源も、時間もなかったのである。

     では、何もない日本海軍に残された道は何であったか。それは天佑神助を当てにすることと、大和魂を持ち出すことだけだったのである。

     合理的な作戦がすべて破綻したとき、残っていた作戦が非合理であったことは、あるいは自然なことだったのかもしれない。

    (中略)
     源田参謀は、ミッドウェー作戦の失敗を、「敵空母に向かう攻撃隊に護衛戦闘機をつけようとして戦機を失い、先制攻撃を受けて敗北した」と分析し、
    搭乗員の生命を案じたのが悪かった、と結論した人物である。

    ■体当たり攻撃実行のための抜け道

     つまり、以後の作戦は、搭乗員の生命は作戦の遂行のためにはあえて考慮しない、というのが方針であり、
    この2人が軍令部で顔を合わせたときに、体当たり攻撃の計画が持ち出されたであろうことは、いわば自然なことでさえあった。
    だが、いくら黒島参謀と源田参謀でも、このような兵器、作戦を公式に持ち出すことはできない。
    言葉としては「命をくれ、*でくれ」とは言えても、本当に*しかない任務を命ずることはできないのである。

    ただ、これにも抜け道はある。体当たりする兵士自身が志願すれば、これを認めることはできないことではない。
    いや、これこそ大和魂の発露として求められるものであったのかもしれない。

    (中略
    ■「いずれ*身なのだから」
    (中略)
    岩本は「*では戦争は負けだ。我々戦闘機乗りは、どこまでも戦い抜き、敵を1機でも多く叩き落としてゆくのが任務じゃないか。1回の命中で*でたまるか。俺は否だ」
    とはっきり口にしていた。しかし、このように思ったままを口に出せるのは、自他共に許すベテランのみで、
    多くの搭乗員は「いずれ*身なのだから」といった考えから志願したのであった。

     こうして「回天」「桜花」などの特攻兵器が生産され始め、特攻要員の訓練が組織的に行われていった

    全文
    https://bunshun.jp/articles/-/47397  


    (出典 blogimg.goo.ne.jp)


    【【疑問】なぜ若者たちは特攻隊入りを熱望したのか!!!!!!!】の続きを読む



    (出典 image.rakuten.co.jp)


    羨ましいから、日本の物は何でも欲しがります。

    1 ろこもこ ★ :2021/08/09(月) 19:35:47.60

    https://news.yahoo.co.jp/articles/1fffa3faac8360d7e190a5154aba2302058a0c7d

    2021年7月、石川県金沢市の中央卸売市場で行われた初セリで、1房140万円という驚きの値がついたブドウがある。その名は「ルビーロマン」。

    【画像】石川県特産の高級ブドウ「ルビーロマン」いつの間にか韓国に流出、無許可栽培?

    宝石を彷彿とさせる鮮やかな赤色の実はピンポン玉サイズで、糖度は18度以上と濃厚な甘さ。開発に14年もの歳月を要した超高級ブドウだ。年々更新される初セリの最高額は、開発者や生産者の努力に報いるものだろう。

    そんな喜ばしいニュースからわずか2週間後、韓国メディアが驚きのニュースを報じた。

    石川県でしか栽培されていないはずのルビーロマンが韓国で栽培され、販売されるというのだ。県や生産者が細心の注意を払い、管理を徹底してきたはずのブドウが、どうやって韓国に流出し、栽培されているのか。私たち取材班は、生産農家と苗木の販売業者を直撃し、その実態に迫った。
    開発した石川県も初耳!販売が開始された韓国産ルビーロマン

    「シャインマスカットに取って代わる…一房8万ウォンの特級ブドウ」

    これは先月末、韓国の大手経済紙に掲載された記事の見出しだ。

    記事ではルビーロマンを石川県産の日本最高級ブドウと紹介し、今年初めて韓国の生産者の手によって国内産品種として栽培され、8月から初めて販売が始まると伝えている。

    ルビーロマンを開発し、日本で品種登録している石川県に記事について伝えると「韓国の農家とは何の契約も結んでおらず、現在は苗の持ち出しも禁止されている。韓国での品種登録はしていない」としたうえで「韓国で栽培されているという話は初耳だ」と驚きを隠せない様子だった。

    そもそも、ブドウなど農産物の海外での品種登録は、国内での登録から6年以内に行うよう定められている。期間を過ぎてしまえば、海外で品種登録は出来なくなり、勝手に栽培されても使用料を受け取る事はできない。

    シャインマスカットの流出が典型的だ。品種登録を期間内に海外で行わなかったため、韓国や中国で無断栽培され、第三国に輸出されている。韓国農林畜産商品部によると、2020年の韓国のブドウの輸出額は歴代最高の約3100万ドルで、全体の88.7%をシャインマスカットが占めているという。私は韓国で暮らして1年半だが、赴任当初スーパーなどでシャインマスカットが1房1万ウォン程度(約1000円)で売られているのには驚いた。味も悪くない。

    日本政府は2021年4月に「種苗法」を改正し、ブランド農作物の種や苗木の海外持ち出しを禁止したことで、一応の歯止めはかかった。ルビーロマンも、法改正により持ち出しが禁じられていた品種に入っている。しかし、施行前に流出し、海外で品種登録がなされていないものについては、泣き寝入りするしかないのが現状だ。


    以下ソース


    (出典 furusatoplus.com)



    (出典 i.ytimg.com)


    【【パクり大国】今度は140万円の高級ブドウ「ルビーロマン」が標的!!!!!また韓国にパクられる!】の続きを読む



    (出典 www.cinra.net)


    大変ですね。

    【【激怒】五輪開閉会式担当・小林賢太郎を、ユダヤ人権団体が非難!!!!!!!!】の続きを読む



    (出典 www.hitachi-systems.com)


    凄いですね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/06/11(金) 16:43:34.46

    当初は織田信長の政策を継承し、日本でのキリスト教布教を容認していた豊臣秀吉。だが、後に「バテレン追放令」によって布教を禁ずるようになる。秀吉がキリスト教の布教を防ごうとした背景には、ポルトガル人による「奴隷貿易」があった。5万人の日本人が国外に連行されたという、その実態とは?  作家の新晴正氏による『謎と疑問にズバリ答える!  日本史の新視点』より一部抜粋・再構成してお届けする。

    【写真】「世界で一番強い国はどこか? 」中国製AIの衝撃回答

     日本にキリスト教が伝わったのは、戦国乱世まっただ中の天文18年(1549年)に薩摩、今の鹿児島・祇園之洲に上陸したイエズス会宣教師フランシスコ・ザビエルによってであった。

     このザビエルからバトンを受け継ぐように永禄6年(1563年)、ポルトガル人宣教師ルイス・フロイスが来日すると、ときの権力者の織田信長から布教活動を許されたこともあって、京都や西九州中心にキリシタンが急増した。信長が本能寺で斃れた天正10年(1582年)ごろには全国で約15万人の信者がいたと言われている。

     この数字は当時の京都の全人口のほぼ半数に匹敵するものだった。その後、信長の後継者となった豊臣秀吉は最初こそ信長のキリシタン保護政策を踏襲したが、天正15年になり、突然手のひらを返すかのように「伴天連(ばてれん)追放令」を発する。伴天連とはポルトガル語で宣教師を意味するパードレが訛ったものだという。

     秀吉にはこのとき、布教や商用のために日本にやってくる西欧人に対し、どうしても許せないことがあったのだという。それは一体何だったのだろうか。

    ■最初は布教を許していたが…

     秀吉は権力の座についた当初こそ、信長の政策を継承し、キリスト教の布教を容認していた。布教の裏にある西欧諸国との交易――いわゆる南蛮貿易にうまみを感じていたからである。

     この交易では鉄砲や火薬、中国製の生糸などが輸入され、日本からは主に銀、金、刀剣類などが輸出された。そんな信長以来のキリシタンの保護政策に対し、秀吉に見直すきっかけを与えたのが、天正14年(1586年)7月に秀吉自身が始めた「九州平定」だと言われている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/18eb9427a939883a22f35c495b73131d05897f21?page=1

    6/8(火) 15:01
    配信

    前スレ 2021/06/11(金) 14:13
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1623388395/


    (出典 rekijin.com)


    【【衝撃】被害者5万人!日本人の奴隷化を食い止めた豊臣秀吉の大英断!!!!!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ