つばめや

まとめブログです。
ニュース、芸能、アニメ、面白い記事、気になる話題などお届けします。

    カテゴリ: 歴史



    (出典 www.ryoko-net.co.jp)


    これは酷いです。

    1 ガーディス ★ :2019/11/02(土) 20:04:37.32

    那覇市首里当蔵町の首里城の正殿や北殿、南殿など計7棟が焼失した火災で、正殿の外に設置されていた「放水銃」と呼ばれる消火設備5基のうち1基を、2013年12月までに国が撤去していたことが1日、分かった。
    沖縄総合事務局の担当者は本紙の取材に「火災発生時にも放水銃4基で対応できると判断し、代わりの防水設備を設置しなかった」と回答した。
    今回の火災は、スプリンクラーなどの消火設備の不足が大規模な延焼につながったと専門家らは指摘しており、安全管理の見通しの甘さが改めて浮き彫りになった。

    首里城公園を管理する沖縄美ら島財団によると、放水銃は正殿外部の初期消火や延焼防止のために設置され、火災発生時に手動で正殿の屋根上部まで放水できるようになっている。

    当初は正殿の北側、東側、南側にそれぞれ1基と正面の御庭に2基の計5基があったが、13年12月に完了した黄金御殿の復元工事に伴って南側の1基が撤去された。

    同財団の広報担当者は「復元工事は11年から13年にかけて行われ、この間のいずれかの時期に撤去された」と説明。
    放水銃の撤去について、首里城公園を今年2月まで管理していた国と、管理を受け継いだ県、指定管理者の財団いずれもホームページや公開資料で周知していなかった。

    同財団が1日に行った会見では火災発生時、正殿の軒下に設置されていた「ドレンチャー」という外からの火を防ぐ消火設備のみが作動し、放水銃4基は火災による熱で近づけなかったため、使用できなかったことも明らかになった。

    https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1018912.html

    (出典 imgur.com)


    【【判明】日本政府、首里城の放水設備を撤去していた!!!!!!!!!!!!】の続きを読む



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    正体は何でしょう。

    1 ガーディス ★ :2019/11/01(金) 17:08:40.83

    2019年11月1日 12時29分
    J-CASTテレビウォッチ

    沖縄「首里城」の火災はきのう31日(2019年10月)の午後1時半頃、ようやく鎮火したが、正殿、北殿、南殿など7つの建物は全焼した。出火原因は何なのか。火元は正殿と見られるが、中庭ではイベントのフィナーレの準備が行われていて、作業は午前1時に終わり、警備員は鍵を閉めたという。出火はその1時間半後だったが、出火場所は中庭ではなく、正殿内部だった。

    消防局によると、正殿の火災報知器が作動したのは午前3時40分だが、その6分前に防犯センサーが何か動くものを感知していたという。警備員は本社からの通報で駆けつけたが、消火器で消そうとした。延焼を防ぐためのドレンチャーという水を吹き出す装置があったが、作動させなかった。スプリンクラーはなかった。

    司会の加藤浩次「イベントの準備とは、何ですか」

    現地にリポーターの阿部祐二がいた。「照明器具の設置です。火は使ってません。火気厳禁の場所でした」

    寺院などに多い「電気火災」ネズミが電線かじって出火
    東京消防庁の元署長の高野甲子雄さんは可能性は3つという。「電気火災」「動物」「放火」だ。電気火災は、ネズミなどが電線をかじって裸線になったところにホコリが溜まるなどで、寺の火災に多いという。今回、火の回りが早かったのは、建物が乾燥しており、隣接して軒を連ねていたところへ、風が強かったことをあげた。

    玉城デニー知事は「政府、県民、国民、世界のウチナンチュー(沖縄人)の協力を得ながら、復元に全力を尽くします」と語った。

    加藤「日本の歴史の中でも大切なものですからね」

    近藤春菜キャスター「応援したいです」
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17318756/
    前スレhttps://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1572590799/


    (出典 i.ytimg.com)


    【【判明】首里城炎上直前に。防犯センサーが何か動くものを感知!!!!!!!!!】の続きを読む



    (出典 www.his-j.com)


    原因がきになります。

    1 ばーど ★ :2019/10/31(木) 08:21:37.66

    ■LIVE 映像
    https://www3.nhk.or.jp/news/realtime/rt0001391.html

    ■31日未明、沖縄県の首里城で火事があり、正殿などが全焼し、午前7時現在も延焼中。

    那覇警察署などによると、31日午前2時40分頃、首里城を警備している会社から、消防に通報があったという。

    消防車14台が出動しているが、首里城の正殿、北殿、南殿が全焼し、午前7時現在も延焼中。火は正殿の近くの門にも広がっているが、けが人の情報はないという。

    首里城では、27日からイベントが行われていて、30日の夜は、その準備が行われていたが、何時まで人がいたかなどはわかっていない。

    首里城は、琉球王国の王の住まい、兼、行政機関の本部だったが、正殿は、1945年の沖縄戦でアメリカ軍の攻撃で焼失し、現在の正殿は、1992年に復元された木造の建物。

    首里城跡は、2000年に世界遺産に登録された。

    10/31(木) 7:15
    日本テレビ系(NNN)
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20191031-00000068-nnn-soci

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    ■関連スレ
    【LIVE】沖縄首里城炎上 ★2
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1572468882/

    ★1が立った時間 2019/10/31(木) 03:50:27.13
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1572472521/


    【【悲報】世界遺産・首里城で火災!正殿、北殿、南殿が全焼!!!!!!!!!】の続きを読む


    「秀吉から拝領」伝承の十字型洋剣、400年前に国内製造が判明 - 京都新聞
    滋賀県甲賀市水口町の藤栄神社に伝わる十字形洋剣「水口レイピア」が、約400年前にヨーロッパ製のレイピア(細形洋剣)をモデルに国内で制作されていたことが分かった ...
    (出典:京都新聞)



    (出典 www.chunichi.co.jp)


    凄いですね。

    1 すらいむ ★ :2019/09/02(月) 21:13:53.65

    「秀吉から拝領」伝承の十字型洋剣、400年前に国内製造が判明

     滋賀県甲賀市水口町の藤栄神社に伝わる十字形洋剣「水口レイピア」が、約400年前にヨーロッパ製のレイピア(細形洋剣)をモデルに国内で制作されていたことが分かった。
     水口歴史民俗資料館(同市)などが共同研究成果を3日の国際博物館会議(ICOM)京都大会で発表する。

     国内に現存する唯一のレイピアで、アジアでもその存在は知られていない。
     関係者は「時の権力者が南蛮人から入手し、好奇心から複製を作らせたという東西文化交流の一つの在り方を示す希有な事例」としている。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    京都新聞 9/2(月) 20:41
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190902-00000026-kyt-l25


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【衝撃】レイピア、日本で400年前に製造されていた!!!!!!!!!!!!】の続きを読む


    新発見の石器から「最初のアメリカ人は日本から来たかもしれない」説が急浮上 - GIGAZINE
    これまでの定説では、最初に北アメリカ大陸にやってきた人類は1万3000年前に栄えたクローヴィス文化の時代の人々だとされてきました。そんな中、新たにアメリカで発見 ...
    (出典:GIGAZINE)



    (出典 i.gzn.jp)


    ちょっと弱い説ですね。

    1 しじみ ★ :2019/08/30(金) 17:32:57.22

    これまでの定説では、最初に北アメリカ大陸にやってきた人類は1万3000年前に栄えたクローヴィス文化の時代の人々だとされてきました。そんな中、新たにアメリカで発見された石器の分析から、これまでの常識を覆す新説が浮上しています。

    (出典 i.gzn.jp)


    Late Upper Paleolithic occupation at Cooper’s Ferry, Idaho, USA, ~16,000 years ago | Science
    https://science.sciencemag.org/content/365/6456/891

    Stone tools suggest the first Americans came from Japan | Ars Technica
    https://arstechnica.com/science/2019/08/16000-year-old-site-in-idaho-indicates-people-sailed-around-the-ice-sheet/

    First Americans arrived at least 16,000 years ago, and probably by boat | NOVA | PBS | NOVA | PBS
    https://www.pbs.org/wgbh/nova/article/coopers-ferry-first-americans/

    1930年代に、アメリカのニューメキシコ州にあるクローヴィスで後期氷河期ものと見られる遺跡が複数発見されました。さらに、その後の調査で北アメリカ大陸全土に分布する約1万3000年前のクローヴィス層という地層から、尖頭器をはじめとする石器などが多数発掘されたことから、この時代に栄えた石器文化はクローヴィス文化と呼ばれています。

    (出典 i.gzn.jp)


    こうした多数の発見から、クローヴィス文化の人々がアメリカで栄えた最初の人類だとする「クローヴィス・ファースト」という説がこれまで有力視されてきました。また、この説では、アメリカの先住民の起源として「アフリカで発生した人類は、氷河期後期に氷が溶けて通れるようになっていたベーリング地峡を通ってアメリカにやってきた」と説明されています。

    しかし、その後クローヴィス層よりも古い地層からも人類の痕跡が見つかるようになり、「クローヴィス・ファースト」仮説に疑問がなげかけられるようになりました。そんな中、オレゴン州立大学の人類学教授であるローレン・デイビス氏は、アイダホ州西部にある「クーパーズ・フェリー遺跡」から石器や炭、動物の骨などの遺物を発掘しました。放射性炭素年代測定によると、これらの遺物の多くは約1万5000~1万6000年前のものだとのことです。

    以下の図は1万6000年前のクーパーズ・フェリー遺跡周辺をシミュレートした地図で、地図北部の水色で示されている部分は氷床です。

    (出典 i.gzn.jp)


    ニューハンプシャー大学で地質学を研究しているアリア・レスネク氏は今回の発見について「これは本当にエキサイティングです。おそらく、北米における最も古い人類の痕跡の一部だと思われます」とコメント。また、遺物の年代から「アメリカ大陸最初の人類が、氷に覆われていない陸路でやってきたという考えは基本的には排除されると考えられます」と話しています。

    というのも、1万6000年前のベーリング地峡はほとんど氷に閉ざされており、人類が移動できる状態ではなかったと考えられているためです。このため、レスネク氏は「アメリカに最初にやってきた人類は、氷のない陸路ではなく、太平洋沿岸を通ってやってきたのではないか」という説を提唱しています。

    以下の図で赤色の矢印で示されているのが、かねてからの定説だった「氷のない陸路」ルートで、オレンジ色の矢印が最近提唱された「太平洋沿岸ルート」です。レスネク氏は、「太平洋沿岸なら約1万7000年前のころには氷が溶けていたので、アメリカにやってきた最初の人類はこのルートを船で通ったのではないか」と考えています。

    (出典 i.gzn.jp)


    また、デイビス氏らは今回発見された石器が、日本で発見された同年代の石器と酷似していることを発見しました。以下の図はクーパーズ・フェリー遺跡で発見された石器の写真と、北海道の白滝遺跡から出土した石器のイラストを比較したものです。大きさや形状がかなり似ているのが一目でわかります。

    (出典 i.gzn.jp)


    続きはソースで

    https://gigazine.net/news/20190830-first-americans-from-japan/
    ★1が立った日付2019/08/30(金) 15:43:06.56
    前スレhttps://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1567147386/


    【【衝撃】新発見の石器から、最初のアメリカ人は日本から来たかもしれない説が急浮上!!!!!!!!!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ