つばめや

まとめブログです。
ニュース、芸能、アニメ、面白い記事、気になる話題などお届けします。

    カテゴリ: 歴史



    (出典 www.sankei.com)


    何回か再建しているのに、後世に残さないのですね。

    1 ばーど ★ :2019/11/05(火) 19:19:29.05

    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20191105-00426710-fnn-soci

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    首里城の火災をめぐり、沖縄県内の瓦職人でつくる組合が、首里城の正殿に使われている瓦を
    再現するのは不可能だとして、焼け残った瓦を可能な限り再利用するよう訴えた。

    県琉球赤瓦漆喰(しっくい)施工協同組合・田端忠代表理事は、「1枚でも2枚でも残ってもらえたら、
    復興のシンボルとか、教訓とか、いろんなものの役割を果たしていただけるんじゃないかなと」と述べた。

    瓦職人の組合によると、正殿に使用された5万5,000枚の瓦は、現在では採取が困難な土を原料にしている。

    また、土の配合や、焼く温度を知る当時の職人が他界しているという。

    こうした状況から、組合は、首里城の瓦を再現することは不可能だとして、焼け残った瓦を廃棄せずに、
    可能な限り再利用するよう沖縄県に要請している。

    火災を受けて臨時閉園していた首里城公園は、5日から一部、営業を再開した。

    首里城の絵画や模型などを展示している施設や、土産品などを扱う店舗が午前8時から営業していて、
    観光客などが訪れている。

    焼失した正殿などを含むエリアは、引き続き、立ち入り禁止となっている。

    ★1が立った時間 2019/11/05(火) 14:22:59.56
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1572942324/


    【【悲劇】当時の瓦職人が他界したため首里城再現は不可能!!!!!!!!!!!】の続きを読む



    (出典 bus-labo.com)


    世界遺産は無事ですね。

    1 豆次郎 ★ :2019/11/04(月) 16:29:50.06

    世界遺産の白川郷で火災

    11/4(月) 16:10配信

     4日午後、世界遺産の合掌集落がある岐阜県白川村荻町の小屋で火災が発生し、少なくとも消防車3台以上が出動、現在も消火活動にあたっている。

     消防によると、午後2時40分ごろ、「小屋が燃えている」と近所の人から通報があった。今のところけが人の情報は入っていないという。

     現場近くに止まったバスの中から撮影された映像では、小屋の奥に大きな火柱が立っていることがわかる。近所の店の従業員によると、燃えているのは小さな合掌造りの建物で、人が住んでいるような小屋ではないという。(AbemaTV/『AbemaNews』より)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191104-00010009-abema-soci

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    岐阜の白川郷で火災、駐車場の小屋燃える
    11/4(月) 16:24配信
    共同通信

     岐阜県警などによると、4日午後2時40分ごろ、同県白川村の白川郷で小屋が燃えていると119番があった。駐車場の小屋がほぼ全焼したが、世界文化遺産に登録されている合掌造り集落への被害はなかった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191104-00000052-kyodonews-soci

    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1572850014/


    【【衝撃】白川郷で火災、駐車場の小屋がほぼ全焼!!!!!!】の続きを読む



    (出典 entamegirl.net)


    お金、凄い勢いで集まっていますね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/04(月) 05:36:00.18 ID:9JyIQu+K9.net

    「MAX」のLINA(42)、MINA(41)、REINA(41)が3日、沖縄・豊見城市の豊崎海浜公園・美らSUNビーチで行われた音楽フェス「ドゥシ!!フェス」に登場。3人とも那覇市の出身で、首里城への思いを語った。

    MAXはこの日、妊娠中のNANAを除いた3人で参加。出演前に取材に応じ、首里城の火災について「悲しかった。ショックでした。
    (首里城は)沖縄の人にとってのパワースポット。元気をもらっていた姿が崩れ落ちるのを見て悲しかった」と肩を落とした。

    REINAは「首里城祭を毎年楽しみにしていて、お母さんと行っていました」。約40年ほど前、母が首里城祭の行列で王妃役を務めたこともあったという。

    また、MINAが「沖縄県民として声を上げて一致団結したい。すごいパワーが生まれるんじゃないかな」と話すと、
    LINAも「(ピンチの時に)ウチナーンチュ(沖縄人)は気持ちを一つにして強さを発揮する」と前を向いた。

    NANAは現在、妊娠8か月。この日も「MCだけでも」と志願したというが、大事を取って3人での出演となった。
    LINAは「元気すぎる。上半身は全然変わっていない」と近況を報告した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191104-00000003-tospoweb-ent
    11/4(月) 5:05配信


    (出典 portal.st-img.jp)



    (出典 Youtube)

    MAX - Ride on time


    (出典 Youtube)

    一緒に… - MAX


    【【再建】MAX、首里城焼失ショック!!!!!「声を上げて一致団結したい」】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    早く原因突き止められると良いですね。

    1 おでん ★ :2019/11/03(日) 14:31:49.10

    那覇市にある首里城で起きた火災で、
    火元とされる正殿1階の北側の焼け跡から焦げた分電盤が見つかっていたことが警察などへの取材で分かりました。
    警察は今回の火災との関連を調べるとともに、現場の検証を続けるなどして詳しい出火原因などの特定を急ぐことにしています。

    先月31日に那覇市にある首里城で起きた火災では、城内の建物に次々と火が移り、11時間にわたって燃え続け、
    正殿など城の主要な建物が全焼しました。

    火災発生の直後、警備員が正殿の裏手にある1階の北寄りの窓から煙が激しく出ているのを目撃していたことなどから、
    警察は正殿1階の北側が火元とほぼ断定しています。

    現場では警察と消防が3日も合同で検証を行っていますが、
    これまでに、正殿1階の北側の焼け跡から焦げた分電盤が見つかっていたことが警察などへの取材で分かりました。

    分電盤は各階やフロアに電気を分配する設備で、3日、現場から分電盤とみられる設備を運び出しました。

    警察は、分電盤の鑑定を進めて今回の火災との関連を調べるとともに、
    今後も現場の検証を続けるなどして詳しい出火原因などの特定を急ぐことにしています。


    (出典 iup.2ch-library.com)

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191103/k10012162701000.html?utm_int=detail_contents_news-related_001

    1スレの日時 2019/11/03(日) 12:08:43.78
    前スレ https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1572753040/


    【【判明】首里城焼失!火元の正殿1階、焦げた分電盤が見つかった!!!!!!!!!!】の続きを読む



    (出典 www.ryoko-net.co.jp)


    これは酷いです。

    1 ガーディス ★ :2019/11/02(土) 20:04:37.32

    那覇市首里当蔵町の首里城の正殿や北殿、南殿など計7棟が焼失した火災で、正殿の外に設置されていた「放水銃」と呼ばれる消火設備5基のうち1基を、2013年12月までに国が撤去していたことが1日、分かった。
    沖縄総合事務局の担当者は本紙の取材に「火災発生時にも放水銃4基で対応できると判断し、代わりの防水設備を設置しなかった」と回答した。
    今回の火災は、スプリンクラーなどの消火設備の不足が大規模な延焼につながったと専門家らは指摘しており、安全管理の見通しの甘さが改めて浮き彫りになった。

    首里城公園を管理する沖縄美ら島財団によると、放水銃は正殿外部の初期消火や延焼防止のために設置され、火災発生時に手動で正殿の屋根上部まで放水できるようになっている。

    当初は正殿の北側、東側、南側にそれぞれ1基と正面の御庭に2基の計5基があったが、13年12月に完了した黄金御殿の復元工事に伴って南側の1基が撤去された。

    同財団の広報担当者は「復元工事は11年から13年にかけて行われ、この間のいずれかの時期に撤去された」と説明。
    放水銃の撤去について、首里城公園を今年2月まで管理していた国と、管理を受け継いだ県、指定管理者の財団いずれもホームページや公開資料で周知していなかった。

    同財団が1日に行った会見では火災発生時、正殿の軒下に設置されていた「ドレンチャー」という外からの火を防ぐ消火設備のみが作動し、放水銃4基は火災による熱で近づけなかったため、使用できなかったことも明らかになった。

    https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1018912.html

    (出典 imgur.com)


    【【判明】日本政府、首里城の放水設備を撤去していた!!!!!!!!!!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ