つばめや

まとめブログです。
ニュース、芸能、アニメ、面白い記事、気になる話題などお届けします。

    カテゴリ: 飲食



    (出典 shunkashutou.com)


    いいですね。

    1 ブルーベリーフラペチーノうどん ★ :2020/07/25(土) 16:06:02.99

    【フランクフルト時事】ドイツでおにぎりの人気が徐々に広がっている。見た目は日本のコンビニエンスストアに並ぶプラスチック包装された商品とほぼ同じ。大手スーパーも販売を始め、手軽な食事として浸透しつつある。

    フランクフルトなど独国内3カ所でおにぎり店を営むベンヤミン・アルバグダディさん(38)の主要顧客は若者やベジタリアン(菜食主義者)だ。1個2.5ユーロ(約300円)で、さけやツナマヨといった「定番」の具だけでなく、アボカド、ピーナツなどもそろえる。

     アルバグダディさんは出張先の日本で食べたおにぎりを気に入り、2017年に販売を開始した。日本風のおにぎり作りを目指して福岡県の工場を視察、山形県産米や瀬戸内産ののりを使うこだわりぶりだ。女性常連客は「30~40年前に初めて食べて以来、おにぎりが大好き。週に数度は訪れる」と語った。
     アルバグダディさんは「日本のサンドイッチだと宣伝している」と話す。納入先だった大学が新型コロナウイルス流行で休校となったのは打撃だったが、年内に店舗を増やす方針だ。
     独スーパー大手レーベもおにぎりの販売を昨年始め、約1400店舗で扱う。酢飯を使う「変わり種」も並ぶが、売れ行きは好調という。

    https://www.jiji.com/sp/article?k=2020072500229&g=int

    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1595653501/


    (出典 yy5zymc9.user.webaccel.jp)


    【【殺到】ドイツでおにぎりが人気!!!!!!!】の続きを読む



    (出典 cialiscouponedtrial.com)


    母親のおかげで生き地獄ですね。

    1 ブルーベリーフラペチーノうどん ★ :2020/07/24(金) 12:09:50.76

    スマホを手にする林真須美死刑囚の長男。母親との手紙のやり取りなどをツイッターに投稿している=和歌山市

    1998年に和歌山市で起きた毒物カレー事件は25日、発生から22年になる。当時10歳だった林真須美死刑囚(59)の長男(32)は2019年、ツイッターを始めた。無実を訴え続ける母からの手紙などを投稿している。「事件を思い出したくない被害者の方々の意に反するかもしれない。でも、母が戦い続けている限り、家族の中で『終わった事件』にはできない」と複雑な胸の内を語る。

    https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0724/1076589568/mai_20200724ddnk27040022000c2_jpg.html


    (出典 i.imgur.com)


    【【激怒】毒物カレー事件殺人犯の息子、SNSで戦う!!!!!】の続きを読む



    (出典 rocketnews24.com)


    迷走でしょうか。

    1 朝一から閉店までφ ★ :2020/07/14(火) 12:23:55.15

    「生牡蠣」「焼き牡蠣」が復活 値下げされました
    いきなりステーキで「オイスター(牡蠣)」一部店舗で

    2020年07月13日 15時30分更新
    文● ナベコ 編集●ASCII



    (出典 ascii.jp)

    一部店舗で





     ステーキ専門店「いきなり!ステーキ」は、7月13日から「オイスター(牡蠣)」メニューを一部店舗で発売します。

     「生牡蠣」「焼き牡蠣」が1個390円(税別)、3個盛1110円(税別)、2160円(税別)。かつて登場した時より値下げされて買い求めやすくなりました。

     対象店舗は、六本木店(東京)、大門店(東京)、浅草雷門店(東京)、目黒上大崎店(東京)、三軒茶屋店(東京)、品川シーサイドフォレスト店(東京)、墨田太平店(東京)、新橋日比谷店(東京)、調布店(東京)、市川店(千葉)。

     ステーキだけではなく、ちょっとリッチな気分になれる牡蠣も楽しめます。
    https://ascii.jp/elem/000/004/019/4019613/


    【【復活】いきなりステーキで「オイスター」!!!!!!!】の続きを読む



    (出典 news.walkerplus.com)


    美味しそうですね。

    1 鬼瓦権蔵 ★ :2020/07/08(水) 16:00:29.96

    https://news.livedoor.com/article/detail/18540143/

    看板商品「モスバーガー」3年ぶりリニューアル

    (出典 image.news.livedoor.com)



    モスバーガーは、創業以来、累計12億8900万個を売り上げてきた人気メニュー「モスバーガー」をリニューアル。
    7月26日より販売を開始する。価格は343円(税別/変更なし)。

    「モスバーガー」は1972年の創業以来、年間売上で常にNo.1の人気を誇る看板商品。
    ハンバーガー自体が珍しかった当時、日本人の繊細な味覚にも合う理想の味を求め、ミートソースには100回以上の試作を繰り返し、苦労の末に誕生した。
    本質的な“変わらぬおいしさ”を守りながら、これまで時代や消費者の嗜好に合わせて進化を続けてきたが、今回、原点に立ち返り、「モスバーガー」のミートソースを2017年7月以来、3年ぶりにリニューアルする運びとなった。

    リニューアルのポイントは大きく2つ。その内容は次の通りだ。

    1.ソースの具材感をアップ

    ミートソースだけでも食感が感じられるよう、具材の大きさにこだわった。
    玉ねぎは食感が残るよう大小2種類のサイズにカットして、それぞれ別のタイミングで加え、牛・豚の挽き肉も豚肉を少し粗めの挽き具合にすることで具材感をアップさせている。

    2.隠し味として、液体塩こうじ・煮詰めたお酢・にがりを追加。味に深みやコクをプラス

    “洋”のミートソースに液体塩こうじ、煮詰めたお酢、にがりといった“和”のテイストを取り入れて、味に深みやコクを加え、“日本のミートソース”に仕上げた。
    液体塩こうじで旨みやコクを、煮詰めたお酢によってソース全体の味にキレを出し、さらににがりを少量入れることで味に奥深さをプラスしている。


    【【新】人気No.1看板商品「モスバーガー」リニューアル!!!!!!!】の続きを読む



    (出典 cf.furunavi.jp)


    恐ろしいですね。

    1 臼羅昆布 ★ :2020/06/24(水) 20:51:28.26

    2020年6月24日 19時55分
    https://news.livedoor.com/article/detail/18468817/

    群馬県明和町で今月発売されたご当地カレー「明和?哩(かりー)」をめぐり、町職員に役職ごとの購入ノルマが示され、140人が3300食分を
    購入していたことがわかった。
    正職員は131人で、臨時職員も購入したという。
    町は「強制ではない」と説明するが、ある職員は「ノルマを下回ればボーナスから天引きだと上司に言われ、逆らえなかった」と明かす。
    カレーは、町と民間が出資するまちづくり会社「邑楽館林まちづくり」(同町)が2万食を製造。
    1食ずつ箱入りで、町内のアンテナショップと、交流のある三重県明和町で半数ずつ販売する。
    2018年秋に三重側の町制60周年と群馬側の町制20周年の記念品として関係者に配って好評だったため、一般販売を始めた。
    両町の特産の松阪牛と梨果汁入りが特徴で、1食あたり税込み700円。
    町などによると、購入ノルマの発端は5月28日、町から出向中のまちづくり会社の室長が町の課長12人全員に送った一斉メールだった。
    「職員販売目標数」と題した添付資料に、課長の場合は「単品50箱3万5千円」か「5箱入り10セット(1セット3千円)3万円」などと示され、
    町長から係長まで役職ごとに目標数が印字されていた。
    主任・主事については「単品10箱7千円」か「5箱入り2セット6千円」と手書きだった。
    冨塚基輔町長が今月1日の庁議で「私は25セット(7万5千円)買うので、みなさんも買ってほしい」と課長らに呼びかけた。
    これを受け、課ごとに注文書を取りまとめ、役場で一括注文することになった。
    ただ、ある課は注文した12人の大半が購入ノルマに満たないとして突き返され、購入数と金額を2~8倍に書き換えて注文書を再提出すると
    認められたという。
    まちづくり会社によると、ノルマの対象外だった臨時職員を含む140人が660セット(3300箱、198万円分)を購入。
    「ほとんどの正職員にご購入いただいた」としている。
    職員の1人は「注文書にノルマを下回る購入数を書いたら『ボーナスから天引きだぞ。買わないと損だよ』と上司に言われた。拒めば査定に
     響くし、昇進できなくなると思い、従うしかなかった」と話す。
    購入ノルマを示したメールについて、まちづくり会社の室長は「会社として独断でやったこと」と説明。
    冨塚町長は「季節物以外に特産のない町に名産品をつくりたい一心で取り組んできた。職員が一丸となって盛り上げていこうと思っていた。
     強制したつもりは全くないが、それを圧力と受け取られたとしたら申し訳なかった」と話している。


    (出典 image.news.livedoor.com)

    群馬県明和町職員が購入した明和?哩のギフトセット。5食分と福神漬け2袋が税込み3千円。


    【【恐怖】群馬ご当地カレー、町職員に購入ノルマ!!!!!!!!下回ればボーナスから天引き!】の続きを読む

    このページのトップヘ