つばめや

まとめブログです。
ニュース、芸能、アニメ、面白い記事、気になる話題などお届けします。

    カテゴリ: 雑学、その他



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


    人それぞれですね。

    1 ばーど ★ :2020/06/01(月) 20:17:04.00

    日本リサーチセンター。インターネットを使った調査、15歳以上の男女1万932人が回答した。調査期間は4月24日から27日まで。

    「これって、本当に必要かな?」「買わなければよかった」――。このように後悔したことがある人も多いと思うが、実際どんなモノを不要に感じているのだろうか。15歳の男女に「現在、必要でないモノは?」と聞いたところ、「学歴」(28.6%)を挙げる人が最も多く、次いで「資格」(22.2%)、「車」(20.7%)であることが、日本リサーチセンターの調査で分かった。

    4位は「生命保険」(14.0%)。以下「本(紙媒体)」(13.4%)、「マイホーム」(11.9%)、「テレビ放送」(9.1%)、「テレビ本体」(7.5%)という結果に。一方、最下位は「現金」(2.6%)。「メール」(3.1%)や「パソコン」(4.9%)も挙げる人が少なく、まだまだ「必要」と感じる人が多いことがうかがえた。


    (出典 image.itmedia.co.jp)


    年代別でみると、「学歴」は男女とも年代が高くなるほど「必要としない」と答えた人が多く、50代以上では男性のほうが多い。「資格」も男女ともに高齢層ほど「必要としない」と答えた人が多く、60代以上の男性は40.6%、女性は37.6%。

    男女別でみると、「車」は女性のほうが必要としないと答えた人が多く、逆に「生命保険」「テレビ放送」は男性のほうが多い。


    (出典 image.itmedia.co.jp)


    インターネットを使った調査で、15歳以上の男女1万932人が回答した。調査期間は4月24日から27日まで。

    2020年06月01日 13時47分
    https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2006/01/news093.html

    ★1が立った時間 2020/06/01(月) 16:21:13.34
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1591007039/


    【【調査】現在、必要でないモノは??????????1位は「学歴」 2位「資格」 3位「車」】の続きを読む



    (出典 www.mag2.com)


    今では考えられませんね。

    1 ひぃぃ ★ :2020/02/02(日) 19:00:00.13

    教育現場は古くから閉鎖的であったため、世間の常識からはズレたことが"常識"とされることがたまにある。とりわけ、昭和から平成初期の学校では、コンプライアンスや子どもの人権が今ほどうるさく言われなかった。ガールズちゃんねるに1月26日、「昭和生まれが経験しただろう学生時代の地獄」というトピックが立った。

     「先生がチョークとか黒板消し投げたりしてた」
     「理科の教師がでかい三角定規をうるさい男子に投げつけて、関係ない女子に当たって泣かせてた」

    現在ならすぐに「体罰」と見なされ、加害教諭に処分が下りそうなもの。だが、当時は「教育のための愛あるムチ」は許容されたため、生徒に手をあげる教師はもいたようだ。(文:石川祐介)

    ■「給食残せない。昼休みでも授業始まっても食べさせられる」

    当時は、教室で煙草を吸う教諭がいたという証言も。「小学生の頃教室内で担任がタバコ吸ってた地獄」と煙が教室に充満する中、授業を受けたり給食を食べたりしていたという。

     「給食残せない。昼休みでも授業始まっても食べ終わるまで食べさせられる」
     「給食完食させること。今みたいに最初に量を減らすこともできず、少食の私は毎日掃除の時間も食べさせられてた」

    給食の完食を当然とする"完全給食"が一般的であり、食べ切れずに苦しんだという声も散見された。授業が始まってもなお、給食を食べ続けなければいけない光景を異常だと思わず、むしろ"給食を食べきれない駄目な子"とレッテルを貼られていたことを想像すると恐ろしすぎる。

    ■「予防接種の注射針が使いまわし。よく無事だったと思う」

    このほかにも、根性論が蔓延していたために部活や体育で水を飲めず、休憩もまともに取らせてもらえなかった、という声が相次いだ。

     「真夏の部活にろくに休憩もせず帽子もかぶらずやってたこと。トイレで吐いてる子とかざらにいたけど、今思うとそれ熱中症だよね」
     「屋外競技で夏休みも屋外練習なのに、スポーツドリンクをコップ一杯飲めるのは3年生から。1年生はコップ3分の1を2人で半分こ。それを飲めるのが午前1杯と午後1杯のみ」

    上下関係が厳しく低学年では水を飲む回数や量に制限が設けられているケースもあったという。

    夏場に部活動や課外授業の最中に生徒が熱中症を発症した、というニュースは今だとすぐに報じられるが、昔は熱中症という単語やその危険性がまったく認識されていなかったため、適切な対応をされないどころか「根性なし」と叱責されることも珍しくなかった。

    さらには

     「集団予防接種の注射針まわし打ち。私は出席番号がいつも最後だった。よく無事だったと思う」

    と"注射針の使いまわし"という、現在では考えられないことが起きていたようだ。今も学校現場の問題は山積みだ。だが、当時に比べたら少しはマシになっているのだろうか。

    2020年2月2日 8時45分 キャリコネニュース
    https://news.livedoor.com/article/detail/17755292/

    画像

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【衝撃】教室で先生が喫煙!真夏に休憩せずに部活!昭和生まれが経験した学校の常識!!!!!!!!!!!】の続きを読む



    (出典 chanto.jp.net)


    楽しい親子ですね。

    1 ばーど ★ :2020/02/02(日) 07:01:17.56

    「ママ、意味が分からない…」 小2の息子が持ってきた問題に7万人の大人が『?』

    (出典 grapee.jp)


    子供が成長すると日常生活の中で不思議と思う出来事から、学校の宿題まで知らない知識や分からないものを親に尋ねてくることがあるでしょう。

    柑橘系生卵(@syina_namamono)さんも、ドリルの問題を解いていた小学2年生の息子さんから「ママ、意味が分からないから教えて!」と声をかけられたそうです。

    その時のエピソードをTwitterに投稿すると、ネット上ではたくさんの大人が頭を悩ませる事態となりました。

    大喜利を始める大人たち

    投稿者さんの息子さんが「教えてほしい」と持ってきたのは、算数の文章題。

    問題の文章を読んでみると…。


    (出典 grapee.jp)


    ガムは75円です。

    ガムは、クッキーより40円安いそうです。

    チョコレートは何円ですか。

    あれ…クッキーではなくてチョコレートの値段…。

    もしかしたら、この問題の前後にチョコレートの値段につながる問題が書いてあったり、写真には入っていないところにヒントがあったりしたのかもしれません。

    全体が見える写真を見ると…。


    (出典 grapee.jp)


    息子(小2)のドリル、「ママ!意味がわからんのやけど!教えて!!」
    しぃな「………いや意味わからん」 pic.twitter.com/Msmf3Ffksi
    ? 柑橘系生卵 (@syina_namamono) 2020年1月29日
    前の問題は、チョコレートとはまったく関係のない色紙の問題。

    …ということは、この文章題だけでチョコレートの値段を求めなければいけません!

    明らかに、問題の文章だけでは導くことのできないチョコレートの値段。

    きっと問題を作成した人が誤って、『クッキー』と書いてあるべき部分を『チョコレート』としてしまったのでしょう。

    小学2年生の質問に多くの大人が頭を悩ませ、投稿には大喜利のようなコメントがたくさん寄せられていました。

    ・お菓子だけに「おかしな」問題ですね。

    ・きっとチョコレートはおまけだったんだよ!

    ・これは無理!息子さんの「意味が分からない」が正解でいいのでは。

    翌日、先生からドリルのミスが報告される

    息子さんに、「きっと書き間違いだろうけど、先生に確認してみて」と伝えた投稿者さん。

    翌日、算数の先生から「宿題のドリルに間違いがあったようです」と問題文のミスが報告されたようです。

    投稿者さんは、ドリルのミスに関して「問題を作ってる人も人間だから間違えることもある」と息子さんに教えたといいます。すると、息子さんはある勘違いをしていました。

    「コンピューターで作ってるんじゃないの!?すごっ!字めっちゃきれいやん!」

    息子さんは、ドリルの問題を手書きと勘違い。投稿者さんは「そうじゃない」とつっこんだようです。

    ドリルの難題だけでなく、息子さんの勘違いまで楽しむ人が続出した投稿。

    息子さんは、ドリルのミスによってチョコレートの値段は分かりませんでしたが、ドリルが人間によって作られていることは知ることができたでしょう。

    [文・構成/grape編集部]

    出典 @syina_namamono

    1月31日(金)16時12分 grape
    https://news.biglobe.ne.jp/trend/0131/grp_200131_6445809979.html
    https://twitter.com/syina_namamono/status/1222774782057336834

    ★1が立った時間 2020/02/01(土) 23:37:28.35
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1580567848/
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【【話題】小2の算数の問題に7万人の大人が『?』!!!!!!!ガムは75円です。ガムはクッキーより40円安い。チョコレートは何円?】の続きを読む



    (出典 wakuwakutuhan.jp)


    この母親、時間書いていませんが、まさか早朝や深夜ではないですよね。

    1 首都圏の虎 ★ :2020/01/19(日) 15:30:15.71

    下階に住む男性からの騒音クレームに悩んでいます――。今回、編集部にメールを寄せたNさん(大阪府・20代女性)は、府営住宅に住むシングルマザー。真下に住んでいる男性から、何度も怒声を浴びせられているという。理由は、子どもの足音だ。

    「子どもの責任は母親」「防音シートを貼りました」。できうる限りの策を尽くしたという彼女だが、それでも男性からの怒声は止まないようで...。


    (出典 j-town.net)


    「解決方法見つからず今も悩んでいます」

    私は、大阪府に住むシングルマザーの25歳です。あれは2019年8月に引越しをした時の出来事です。綺麗な府営住宅に引越ししてきて、3日目でインターホンが鳴り、


    「はーい」

    と出ると、


    「××に住む××と申します。ダンボールの引きずる音、子どもかと思いますが、足音がうるさいので静かにして貰えませんか」

    と真下に住む男性からクレームがありました。子供の責任は母親にあるので、


    「子どもがうるさくてすみません。躾が行き届いてなかったみたいなので、今後静かにするように躾します。すみませんでした」

    と謝って頭を下げました。ですが相当怒っていたのか、


    「ほんまに分かってんのか!」

    と怒りはじめ、何度も何度も謝っても納得行かない様子。どんどんエスカレートしてきたので、


    「そこまで納得行かないから管理センターに言うてくれ」

    とドアを閉めました。

    それから1か月後。ドアを何回も叩く音が部屋中に響き渡りました。恐る恐るドアを開けた途端、真下に住む男性が、


    「いい加減にしろ!!」

    と言い放ちました。

    私は怖かったので、力いっぱいドアを引っ張り、鍵を閉めました。真下に住む男性はドアを殴っていて、怒鳴りつける声も聞こえてきましたので私は泣きながら警察を呼んで対処してもらいました。

    それからさらに1か月後、ドアが壊れるかと思うくらいの勢いで蹴られました。それを機に子どもが騒いでも大丈夫な様に防音シートを貼りました。しかし、さらに1か月後に再び男性がドアを蹴りに来るなど、トラブルはまだ続いています。

    その度に警察呼んでいたのですが、防音シートを貼っても解決方法が見つからず今も悩んでいます

    2020年1月18日 17:00
    https://j-town.net/tokyo/life/trouble/300286.html

    ★1 2020/01/19(日) 10:59:10.84
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1579408973/


    【【クレーム】子供の足音も許されない共同住宅!下階からの怒声にシングルマザーは泣いた!!!!!!!!!!】の続きを読む



    (出典 chikenrokuglobis.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


    指名料があると、違う目的のお店みたいですね。

    1 雪子姫 ★ :2020/01/19(日) 18:44:31.57

    通称「1000円カット」と呼ばれる低価格の理美容室は、90年代の終わりごろから出現した。当時20代の筆者はその安さに驚いたものだ。はてな匿名ダイアリーには1月上旬、「大人で1000円カットを使う人間がいると知ったのは衝撃だった。」というエントリがあった。投稿者の年齢や性別は不明だが、

    「ああいうのって子供とかもう身なりなんてどうでもいい老人が行くものだと思ってた」

    とだけ書いてある。"普通に働いている大人は、身だしなみにも気を使いそれなりにお金をかけるもの"という前提の発言だろう。「ああいうの」という言葉から、素朴な驚きを表現しているようでいて、はっきり見下していることも見て取れる。1000円カットで働く理容師さん、美容師さんはもちろん、子どもと高齢者にも失礼な話である。(文:okei)

    「顔そりも洗髪もいらないんで千円カット重宝してます」

    短い投稿だったが反響は意外に大きく、ブックマークは400以上ついた。「都心では平日の夜はサラリーマンの行列できてるよ」「最近おばさんも結構来てる」など、1000円カットは大人も当たり前に行くというツッコミや、1000円カットを擁護する声が多数上がっている。

    「顔そりも洗髪もいらないんで千円カット重宝してます」

    「割とどうでもいい雑談に小一時間つき合わされた上、頼んでもないのに髪を洗われ、髭も剃られ、それで何千円も支払う方がよほど苦痛なんだよなあ」

    といった床屋嫌いあるあるも散見されていた。昼休みや仕事帰りに短時間で済ませられる上、技術力はバカにしたものではなく、「当たり外れがあるのは高い美容室でも同じ」といった意見も多かった。

    一番のメリットは「安い」ということで、安価でマメに行ったほうが清潔感を保てるという声も目立ち、"いやむしろ1000円カットがベスト"という人が非常に多いことがうかがえた。

    一方で、「行かない」派も一定数いて、理由が二極化していた。技術面や接客サービスに納得がいかず、「美容室一択」という人と、1000円すら惜しいので「自分で切っている」という人だ。筆者の夫などは「1000円カットですら店員とのやり取りが面倒」などの理由でこの10年バリカンで自ら散髪している。私は後頭部を担当し、最初のうちは嫌だったがもう慣れた。身だしなみにお金をかける価値観は人それぞれなので、他人がどうこう言う問題でもないだろう。

    1000円カットの隆盛は日本の低賃金化の象徴?

    1000円カットと言えば、全国に563店舗を展開するQBハウス(キュービーネットホールディングス)は、1996年の1号店オープンから業績は右肩上がり。2007年には来客者数1000万人を突破し、2019年は1840万人を超えた。とても子どもとお年寄りだけを相手にしていて叩きだせる数字ではない。

    2019年2月に税込1200円に値上げし話題となったが、それでも低価格であることは確かだ。他にもカットファクトリー(2000年創業)やサンキューカット(2001年創業)など、1000円~1200円で「早い・安い・技術力」を売りに展開する理美容室は数多ある。

    これだけ1000円カットが利用される背景には、床屋嫌いもあるだろうが、個人的には「使えるお金が少ない」という理由も大きいような気がする。OECDの統計によれば、2018年時点での日本人の1時間あたりの賃金は1997年に比べ8.2%減少しており、先進国中で唯一マイナスとなっている。消費増税で負担も増していった。

    この賃金低下の時期は、1000円カット業界が成長してきた時期とほぼ重なる。つまり収入が少ないので理美容代にまでお金をかけられない人が増えた、という状況を感じてしまうのだ。もちろん1000円カットが悪いわけではないが、投稿者の皮肉めいた書き込みは、そうした閉塞感や低所得にあえぐ人たちの神経を逆なでし、注目を集めた面があるのではないだろうか。


    (出典 image.news.livedoor.com)

    https://news.livedoor.com/article/detail/17685189/

    ★1:2020/01/19(日) 12:34:30.94
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1579421401/


    【【投稿】千円カットは身なりがどうでもいい人のもの。に反発相次ぐwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ